RYOの徒然模型人生記

このブログは模型とフィギュアの世界にハマリ込んだ結果 人生そのものをモデリングプレジャーの追求へと注ぎ込んだ 一人のアマチュアモデラー(≒模型馬鹿)の日常を記す物語である。

    模型のおはなし

    こんにちわ、RYOです。
    気がつけば3月ですね。
    そろそろ冬眠から覚めたいな、と思う今日この頃です。

    さて今日は模型のお話。
    先日の40周年のイベントは刺さるものが特になかったのでスルーしてましたが、
    今日3月9日に予約が開始されたアイテムには心惹かれました。
    202003090125021
    シャア専用ザクⅡがHGUCのシリーズでついに登場です。
    リバイヴのシリーズはどこへやら、「2020新規造形」という名が与えられている模様。
    202003090125051
    202003090125061
    顔つき、プロポーションともにイイカンジです。
    モノアイの縦幅が広めなのがファーストのMSっぽくて好印象です。
    202003090125071
    202003090125081
    202003090125091
    可動域なども旧HGUCと比べて相当進化していることがわかります。
    71UmPq5rD7L._AC_SL1500_
    これが旧HGUC。
    早く実物をならべてみたいと思いました。
    そして新HGUCは定価¥1760(税込み)
    価格帯はオリジンと同じくらいですので、いいところではないでしょうか。
    発売は7月とのこと。
    今から楽しみです。

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    皆様からのコメントもお待ちしております!! 

    こんにちわ、RYOです。
    相変わらずとびとびの更新で申し訳ございません。
    冬が深まってるのに仕事が途切れないので、ちょいと息切れ気味です・・・
    さて、今日は実家に急遽呼び出され、落語会の会場作りを手伝わされました。DSC_0106
    DSC_0107
    DSC_0109
    朝の8時からセッティングに汗を流し、10時を過ぎる頃には完了。
    そしてすぐさまトンボ帰りです。
    しかし、何の収穫もなく古河に引っ込んだんじゃせっかくの休みがもったいない。
    ということですっかり足の遠のいた赤羽まで遠征をしてきました。
    DSC_0110
    久々に熊谷から高崎線に乗り込み、
    DSC_0112
    赤羽のヤマナカ模型までやって参りました。
    マスターのコヤマさんから「ワンフェス帰り?」と声をかけられて、はじめて今日が
    ワンフェスの日だったことを思い出しました。
    行かなくなってはや何年がたったのかなと思いますが、話題は新型肺炎のことについて移行。
    日本はまだ大きな騒ぎにはなっていませんが、発信源である中国はとんでもないことに・・・
    模型の業界でも状況が読めないことになっているようで、生産拠点としても市場としても
    中国という国のもつ危うさというものを再認識しているようです。
    またフィギュアの世界では「発売日ガー」と声を挙げる向きもあるようですが、
    もともとこの業界では1、2ヶ月の発売延期なんてざらなので、何を今更ってカンジみたい。
    さて、年明けの来訪から一月半たちまして、今後の展開はどうなるのかをチェック。
    DSC_0113
    まずは4月にTVアニメが開始される新サクラ大戦。
    DSC_0114
    新しい光武が続々と発売となるようです。
    根強い人気を誇るサクラの光武シリーズですが、今回からはバンダイがそのラインナップを
    支えるとのことでした。
    定価が¥4000越えなのでちょいと気がかりではありますが・・・
    DSC_0115
    お次は仮面ライダー。
    フィギュアライズスタンダードシリーズに電王が参上!!
    ここ5年ほどの間に培われたキャラクタープラモデルの技術を活かして人気の高い電王が
    初のプラモデル化を果たすことになります。
    電王は変身するフォームの数も多く、バリエーション展開もしやすいことから今後に期待です。
    DSC_0116
    ガンプラは奥山さんのやつに続いて決定版ともいうべきモデルが登場。
    DSC_0117
    腰の稼動は40thのものと同じものになる模様。
    値段が¥2000を超えてきますが、これも期待がもてるアイテムになりそう。
    DSC_0119
    7月にロードショーとなる閃ハサからはメッサーがキット化します。
    メッサーってこんなカンジだったっけ?となりましたが、元々これは森本さんのイラストでも
    ほんの数カットしかないものをどうにか肉付けしてできたものですから、「ナンダコレ?」と
    なるのも無理はないって話ですわな。
    ペーネロペーに続く閃ハサキットの第2弾がどれほどの動きを見せますか。
    DSC_0120
    さらにはデスティニーから初キット化のウィンダムをはじめ、インジャにRGのインパルスと
    結構な力の入れようを感じます。
    とくにウィンダムは固定ファンも結構おられるようなので展開が楽しみです。
    最後にこのページ。
    DSC_0121
    今度の21日に新たな展開が幕を開けるようです。
    ガンプラ40周年に出てくるものとは一体なんなのだろうか??
    コヤマさんと2人で話しこんだ結果、
    ZプラスのMG 2.0といい加減ガンダムMk-Vのプラモデル化をすべき時との結論に至りました。
    果たしてこの希望はかなえられるものでしょうか??
    ひとまずは半月後の金曜日を待つとしましょう。

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    皆様からのコメントもお待ちしております!! 

    こんにちわ、RYOです。
    今日は雨の中、東京は北区王子にまで行って参りました。
    今年も中央工学校模型同好会主催のイベントに参加するべく作品を納めに行ったわけです。
    DSC_0550
    DSC_0551
    DSC_0552
    DSC_0553
    今年は会場がRISE(図書館です)の3階ということでずいぶんとオープンな雰囲気の中での
    開催ということになったようです。
    上からエクシア選手権、モナカ選手権、学生の作品1、2といったカンジです。
    驚いたのは総帥がふみなを作っていたことでした・・・
    さてまずはM沢先生が来てくれたので、作品の集まり具合について聞いてみると
    この日は天候が大荒れだったのもあってか集まり具合は6割ぐらいとのこと。
    例年どおりギリギリまでやっている方々も結構いるので仕方ないのかな。
    そんななかで注目したエクシアを見てみましょう。
    DSC_0554
    DSC_0555
    DSC_0556
    エクシアについてはバリエーションが豊富すぎるのでよくはわかりませんが
    総帥の作品含め、この3つはかなりの力作です。
    DSC_0558
    さてモナカ選手権はというと、
    DSC_0559
    DSC_0560
    DSC_0561
    総帥の作品がた~くさんある中で、DSC_0557
    私も末席を汚させていただきました。
    参加するのはホワイトベースとアンドロメダの2つ(アンドロメダは参考出展)
    さてどんな結末になりますやら。

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    皆様からのコメントもお待ちしております!! 

    こんにちわ、RYOです。
    いやぁ、まったく更新できてませんでしたね。
    おかげさまで仕事の方は絶好調、ツイッターでもつぶやきまくりと忙しい毎日です。
    その反動でプラモデルはじぇんじぇん進展しません・・・
    ゴメンナサイm(_ _)m

    当面の間はブログは近況報告的なもので散発的なものになると思いますので、
    なにとぞご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

    さて今日は午前中からおでかけをして、数年ぶりに白山を訪れました。
    DSC_0119
    我が母校、東洋大学であります。
    DSC_0120
    今年の11月に受験する資格試験のため、大学の卒業証明書を発行してもらうべく訪ねたのでした。
    何年ぶりなのかも忘れるほど久々でしたが、学校の様子は全くといっていいほど変わりが無い。
    自分が通っていた13年前とかわらない風景に心がホッとしたのは何故なのか・・・
    卒業証明書の発行に時間がかかる間、購買で買い物もしてきました。
    DSC_0126
    東洋大Tシャツとハーフパンツ。
    古河の街中をジョギングするのにはもってこいで、寝巻きにも使えます。
    さて、卒業証明書をもらって家路に着きますが、せっかく東京に来たのだからここに寄らねば
    DSC_0124
    赤羽のヤマナカ模型です。
    ちょいとご無沙汰でしたが、素晴らしい戦利品にも恵まれました。
    DSC_0140
    タミヤのF1キット3点と、WAVEのスコープドッグ ターボカスタムです。
    そしてマスターのコヤマさんとも話し込んできました。
    この時期となるとイベント真っ盛りではありますが、そのイベント会場について。
    かつて会場内のエスカレーターで事故が起こった東京ビッグサイト。
    あの長ーいエスカレーターは未だにエスカレーター本体と手を載せるベルト部分の稼動する
    速さが異なったままなのだそう。
    思わずゾッとする真夏の怪談・・・ではなく実話でした。
    そんな話を中心にちょいーと話し込んで最後にHGUCのペーネロペーを予約して帰りました。

    2019年も折り返しを当に過ぎて全くといっていいほどの体たらくですけど、
    生活がいましばらくはゴチャゴチャした状態が続きます。
    ブログも更新も散発的になりますが、細々と続けてはいこうと思います。
    あらためまして今後ともよろしくお願いいたします。

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    皆様からのコメントもお待ちしております!!

    こんにちわ、RYOです。
    今日で2019年の上半期が終わります。
    5月以降模型関連はまるで進むことがありませんでした。
    これは反省しなくてはなりません。
    なんせ1年で一番気候が穏やかで、模型製作に適した時期を無駄にしたのですから。
    仕事もある程度厳しい時期を越えたので、これから頑張っていきます。
    DSC_0003
    さて今日は電車に乗って北越谷に行ってきました。
    かつて仕事中にサボってたむろしていたアンディに行って来たわけです。
    久々に訪れたアンディでは模型コンテストが行われていました。
    テーマは「プロトタイプ」とのこと。
    コンテストで評価を得た作品を見せていただきました。
    DSC_0004
    これはイグルーのワンシーンを再現したもの。
    DSC_0005
    ヨルムンガンドのエピソードらしいですが、イグルーには疎くて・・・
    金賞はコチラ。
    DSC_0009
    TOYOTAの86のプロトタイプ「FT-86」のコンバーチブルでした。
    凝っているのは後ろのディスプレイ。
    DSC_0006
    DSC_0007
    これは何だと思うと、モーターショーのブースをイメージしたとのこと。
    隣には、
    DSC_0011
    同じようなレイアウトのFORD GTが。
    これはインテリアですねぇ。
    DSC_0012
    他にもかつてのモーターショーをにぎわせた日産GT-Rのプロトタイプ。
    DSC_0014
    試作型という意味でガンダムもありましたね。
    DSC_0016
    今回は自動車関連が多かったのかな?
    DSC_0018
    目立っていたのはこのナイチンゲール。
    すんごいボリュウムだ。
    DSC_0019
    DSC_0020
    DSC_0021
    DSC_0023
    DSC_0025
    DSC_0028
    DSC_0030
    DSC_0032
    他にもいろんな作品がありました。
    今回も楽しめた探訪となりました。
    DSC_0035
    帰りには香取神社の境内にお邪魔しました。
    祭が近いのかな。
    DSC_0041
    そして戦利品は委譲の4品。
    ガンプラはリハビリにということで所望し、フミナは出会いでした。
    さぁ、7月はこれらを作るところからスタートかな。

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    皆様からのコメントもお待ちしております!!

    こんにちわ、RYOです。
    今日は静岡ホビーショーの情報が入ってきましたので、それをご紹介いたしましょう。
    気になったのは4点。
    201905080217001
    まだ監修の最中のようですが、「閃光のハサウェイ」の登場機ペーネロペーが。
    HGUCでこのボリュウムです。
    果たしておいくらになりますか?
    2つめは
    201905080228401
    ガナーザクウォーリア。
    デスティニーの後を受けての登場かと思いますが、それがまさかのMGでの登場!
    何故!?
    ザクウォーリアは以前紹介したガンダムF90と同じくシルエットと呼ばれる換装パーツを
    用いることで接近戦、砲撃戦、後方支援と様々なファイトスタイルを持てる機体ですから
    コレクション性を強めるならHGCEでの登場が望まれますが・・・
    3つめは
    201905080220321
    ガンダムサンドロック。
    完成見本も出てリリース時とお値段も決定しました。
    ¥1620ですか。
    ボリュウムに対してちょっとお高くありませんこと?
    そして最後は
    201905080420231
    MODERIDから「天空のエスカフローネ」のガイメレフ。
    フィギュアっぽいですがプラモデルとして登場です。
    最近はゴウザウラーとかライジンオーとかサンライズのガンダム以外のキットが
    熱々の熱盛りになってきた感があります!
    今回も興味深い展開が多く楽しめました。
    秋の東京でのホビーショーはどうなりますか??

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    皆様からのコメントもお待ちしております!!

    こんにちわ、RYOです。
    絶賛引越し中ですが、浦和と古河を散々行ったり来たりしてダレてます・・・
    特に模型を持って行くのに90リットルのゴミ袋に詰めるだけ詰めてガムテで留めて
    軽トラに乗っけて運ぶのも大変・・・
    2往復してもまだまだ在庫が残るのを見て絶望し一つの考えに思い至りました。
    DSC_0007
    再販が確実にされるキットは売っちまおう!
    というわけでトイズキングに電話して訪問買取をしてもらうことに。
    150点近くのプラモとフィギュアを売りさばいて¥55000を得ました。
    この金額にホクホクかと思いましたが、引越しの費用に消えていくと考えたら寂しくなる。

    しかし引越しは本当に大変。
    一つ思うことは、

    「引越しとは捨てることと見つけたり」

    ですね。
    趣味に傾倒するのもいいですが、持続可能なものでなければ会社同様に破綻を招く。
    さて古河での生活はどんなものになりますでしょうか?

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    皆様からのコメントもお待ちしております!!

    こんにちわ、RYOです。
    シャアザクにとっかかりきりですっかり旬の話題から遠ざかっていました。
    ステキなアイテムがリリースされるというので一つお付き合いくださいませ。
    1000135357_2
    それはガンダムF90!!
    我々SD世代にとってはドンピシャなアイテムがMGで登場です。
    1000135357_3
    1000135357_4
    1000135357_5
    1000135357_6
    1000135357_71000135357_1

    1000135357_8
    1000135357_9
    1000135357_10
    ガンダムF90のセールスポイントはなんといっても換装による多種多様なモードの数々。
    おそらくはそれらに対応できるよう設計がなされているはずですが、
    問題は素体そのものがプレバン扱いなこと・・・
    フツー換装パーツがプレバンで素体は一般だろうと!
    全くその辺わかってらっしゃらないのが財団Bの悪いところです。
    ですが、非常に興味深いのは確か。
    どんなアイテムなのか楽しみです。

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    皆様からのコメントもお待ちしております!!

    こんにちわ、RYOです。
    今日はプレバン情報!
    1000134054_2
    MGのリガズィカスタムが発売されるとアナウンスがありました。
    1000134054_3
    1000134054_4
    1000134054_5
    1000134054_6
    1000134054_7
    1000134054_8
    1000134054_9
    1000134054_10
    素体となるリガズィももう15年以上のキャリアを持つ古いキットなので
    イロイロと不満もあると思われますが、これは嬉しい展開となりました。
    しかしフライングアーマーのムラサキ色がジオン臭いのがキニナルところ。
    まぁ、面白いので早速一つ注文しました。
    しかし、何故今なの??
    MG 1/100 リ・ガズィ・カスタム(プレバン)


     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    皆様からのコメントもお待ちしております!!

    こんにちわ、RYOです。
    今回は日曜のアキバ探訪の帰りに寄った赤羽の話。
    DSC_0400
    マスターのコヤマさんと結構な時間話し込んで参りました。
    まずはコレ。
    da202060
    マグアナックについては以前も話をしたのですが、バリエーションについてはプレバンか?
    リーオーの拡張が進んでないのに、マグアナックもバリェが少ないと尻切れトンボに
    なるおそれもあり、そのへんをバンダイがどう考えているのかが気がかりです。
    201902220623311
    そしてHGでサンドロックの発売がアナウンスされました。
    Wのガンダムにはどうしても超えられない壁があって、
    ウイング・デスサイズ・ヘビーアームズの一軍に対して、サンドロックとシェンロンは二軍
    という不文律がありましたので、この展開は意外だったようです。
    でもXのエアマスターは出たのに、レオパルドは出なかったという過去の苦い経験もあるので
    定価には気をつけないとその二の舞に成りかねないというお話でした。
    DSC_0393
    そこから話はポケ戦の2体の話へ。
    まずザク改はRE/100の扱いですが、二次使用が難しいこともありまして
    これでポケ戦のキットが終わらないかが心配、とのこと。DSC_0387
    フリッツヘルムがつくので、バリエーションも伸びないと予測されました。
    DSC_0385
    そしてこの腕の可動域。
    装甲まで動くというギミックは正直微妙なカンジで受け止められているようです。
    ここから話は出渕デザインの話になり、このポケ戦のMSを当時センチネルに熱狂していた
    方々がことごとくボロクソに評価していたという話に・・・
    これを聞いて私は「センチネル原理主義」ですねえと言いますと、
    「全くそのとおりなんです・・・」とコヤマさん。
    当時のモデグラを読む機会があれば面白いかもと思いますが、ガノタはめんどくさいね・・・
    話は戻ってNT-1へ。
    DSC_0390
    今回の目玉である様々なギミック。
    チョバムアーマーはフレームが追加され、実際にあったとしたらこんな改修がされてるよね
    という解釈がそこかしこに見られました。(バーニア部の開閉とか)
    そしてガトリングを撃つためにシールドがパカッと開くのはどうなのか??
    これも同じ解釈がされたのですが、これはちょいとやりすぎではないのか?
    後の世に出てくるGP-01やMK-Ⅱのシールドは可動式なので、それに繋がるという意味での
    解釈ならば所謂「センチネル原理主義」の方も納得されるのでしょうが、これは・・・
    それはさておいてかつての元祖SDからの逆輸入となったオリジナルのヘッドギアが。
    これはとても面白いと好評を博しているそうな。
    それと同じくしてチョバムアーマーを合体させてタンク形態にできないか?と
    息巻く方もおられるとのことで賛否両論喧々諤々の議論がなされているようです。
    これは楽しみになってきました。
    このあとはダンボール戦記のキットの再販の話に進み、レベルファイブの話などを
    延々としていたらすっかり陽は沈んでしまいました!
    いやぁ、今回も面白くて収穫の多い赤羽となりました。
    次はいつ行けるかな??

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    皆様からのコメントもお待ちしております!!

    このページのトップヘ