RYOの徒然模型人生記

このブログは模型とフィギュアの世界にハマリ込んだ結果 人生そのものをモデリングプレジャーの追求へと注ぎ込んだ 一人のアマチュアモデラー(≒模型馬鹿)の日常を記す物語である。

    BANDAI HGUC 1/144 FAユニコーンガンダム(デストロイモード)

    こんにちわ、RYOです。
    台風接近中であります。
    風がビュービュー吹いてます。
    明日の朝がどうなりますかな?
    さてさて、こんな日でも作業は続けます。
    前回の塗装の続きと参りましょう。
    IMG_4451
    サーベルとプロペラントタンクにこのグレーでグラデーション塗装を施します。
    IMG_4474
    パーツの数も物の数ではないので、ソッコウ終わりました。
    サーベルはともかく、タンクは質感が出ましたね~。
    ここで、先日白を吹いたパーツと比較してみましょう。
    IMG_4515 (2)
    右の白いのは結果的にグラデーションが目立たないので単調に見えてしまうか?
    タンクは後ろの方に陣取るので、それほど悪さをしなければこのままでもいいかな。
    これでエアブラシによる基本塗装は終了。
    次回はこれらのパーツにクリアーを吹き、残ったバーニアは筆で塗っていきます。
    週末には終えられるか?リミットは来週の土曜日だ!!

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。

    こんにちわ、RYOです。
    週の中日となりまして疲れも溜まりつつあります。
    朝から雨が降り続く一日となりまして、クリアーを吹くには適さない環境なのを受けまして
    今回は残り物の塗装をやってしまうことにしました。
    IMG_4313
    ビームサーベル、プロペラントタンク、バーニアです。
    それぞれ表面処理とスジ彫りを行い、準備も万端整いました。
    IMG_4336
    プロペラントタンクも合わせ目が消え、スジも掘り返しました。(傷がすごいけど・・・)
    そして下地に使うのはこの色。
    IMG_4362
    クレオスのGXメタルブラック。
    ホントならガイアとかフィニッシャーズの色を使いたいところでしたが、下地にするだけなので
    この辺のもので問題ないと判断しました。
    湿度がかなり高いのが気になりますが、吹いていきます。
    IMG_4385
    このとおり。
    IMG_4431
    次回の更新ではこれらの上に白めの淡いグレーを吹いてグラデーションをかけます。
    バーニアはひっくり返したらノズルの中を筆で塗装していきます。
    今日はこの辺でお開き!
    ではまた次回。

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。

    こんにちわ、RYOです。
    今日は梅雨の合間にとってもいい日和となりました。
    それどころかかなりの蒸し暑さ・・・これから暑さの本番が来ますが今年はどうかな?
    仕事もスパッと定時で終わり、すたこらと家路を急いで塗装に入ります。
    今回は本丸たる白です。
    IMG_4264
    何の小細工もせず、クールホワイト一色です。
    これを0.2mmのエアブラシでグラデーションをかけつつ吹いていきます。
    その結果がこちら。
    IMG_4299
    予想していたとおり、ほぼ白一色になりました。
    銀と白では色の境目はわかりません・・・
    ですが副次効果として傷が目立っていた部分がたちどころに埋まったので結果オーライですね。
    このあと一旦クリアーでコートし、乾燥を経てデカールを貼っていきます。
    なんとか今週末くらいで塗装は終えたいですが、台風がどう関わってくるか・・・?

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。

    こんにちわ、RYOです。
    週ののっけから仕事が長引きました・・・
    フルコーンの塗装も大詰めに来ており、白を吹くのにはまとまった時間が欲しいのですが、
    仕事がこうでは手が出ません・・・
    なんとか時間を作らなくては。
    そんななか、まさかの失態!
    IMG_4200
    プロペラントタンクの合わせ目消しをやったまんま忘れてた・・・
    もう白の塗装は始まってしまったのに~(><)
    ここで策を講じると、ユニコーンの装甲とベースジャバーを改造したプロペラントタンクは
    色が違っても問題ない!?
    よし!ここはユニコーンの白とは異なる色を吹いて差をつけることにしましょう。(よかった

    あとバーニアパーツの塗装準備も。
    IMG_4248
    ダンボールに両面テープを貼り、全部のパーツを乗っけていきます。
    まず接着面積の大きい下側を先に塗装し、乾燥後はがしてひっくり返し、もっぺん同じところに
    貼り付けて再利用すると両面テープが1枚で済みます。
    準備は出来たんで、あとは塗装の時間が欲しい・・・

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。

    こんにちわ、RYOです。
    フルコーンの続きと参りましょう。
    IMG_3841
    いよいよ白いパーツの塗装に入ります。
    ご覧下さい、この数!
    得物でくわえるだけで結構時間がかかりました。
    本当に嫌になりましたよ。
    でも気を取り直して塗装していきます。
    当初の計画では白一色で仕上げるつもりでしたが、サイコフレームの出来を鑑みて少し細工を
    加えることにしました。
    IMG_3865
    白の下に銀を吹いて、グラデーションをかけます。
    今までにないコンボではありますが、試してみたくなったのでやってみます。
    IMG_3926
    ガイアのExシルバーにクリアーブラックを数滴混ぜていきます。
    今回に限って溶剤は通常のものを使いました。(粒子の細かさはこの際考えないことにします)
    さぁ、吹いてみました。(えらく時間がかかりました・・・)
    IMG_3969
    疲れた・・・
    IMG_3989
    このとおりです。
    粒子の粗さが目立ちますが、この上に白が来るのでどうなることやら?

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。

    こんにちわ、RYOです。
    今日は天候が持つか崩れるか一つ賭けをやった日でしたが、なんとか日中持ってくれたので
    洗濯物がすべて片付きました。(あーよかった)
    その反面、新作フィギュアの争奪戦に敗れ意気消沈、いや撃沈であります・・・

    気を取り直してフレームと武器類の塗装を終えたいと思います。
    前回のエントリーで色に差がないことがわかったガトリングとビームマグナムをなんとか塗り分けるため
    少し策を講じました。
    ガトリングなどにはこの2色を用います。
    IMG_3133
    クリアーの半光沢につや消しブラックを適量混ぜて半光沢気味のクリアーブラックを作ります。
    IMG_3148
    混ぜるとこんな感じ。
    かえってビームマグナムと関節類、あとそれ以前に塗装を終えていた黒のパーツにはこれを使います。
    IMG_3164
    お馴染みになりましたつや消しと半光沢の合の子クリアー。
    IMG_3193
    フラットベースを用いる方がベーシックだそうですが、手馴れてる分今回もクリアー同士を混ぜました。
    これらを吹いた結果がこちら。
    IMG_3225
    どちらのパーツも光沢を抑えたので、リアル志向な出来といえるでしょう。
    ではガトリングとビームマグナムを再度比較します。
    IMG_3244
    うん、何が変わったのか自分ですらわかりません・・・
    でも組み上げたときに若干の差異が出て、質感が際立ってくれればいいのですが。
    これは最後の段階で答えが出ることになりました。
    さて次回からは白いパーツ、いよいよ本丸へと駒を進めます。

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。

    こんにちわ、RYOです。
    洗濯物がたまりにたまって困り物です・・・
    乾きも悪いし、近頃の悩みはもっぱらこの辺であります。
    さてフルコーンを続けましょう。
    IMG_2590
    フレーム類その3であります。
    関節とビームマグナムですね。
    全体的に紫がかったグレーという印象です。
    塗料はこれらを使いましょう。
    IMG_2607
    まずはこの2色。
    IMG_2624
    黒を強めにしたグレーを作り、
    IMG_2639
    この2色を加えて紫っぽくします。
    IMG_2668
    うん、なんの変化もない!
    メタリックの粒子が加わったからいいとしますか。
    IMG_2980
    全部塗れました。
    いい雰囲気になってきたような。
    IMG_2998
    しかし、拡大するとちっちゃい傷がそこかしこに残っちゃった・・・
    でも塗料が残ってない。
    苦しい・・・

    でも頑張って2色目にいきます。
    IMG_3023
    バズーカとガトリング、シールドのフレームなどです。
    これは単純にジャーマングレーで仕上げます。
    IMG_3058
    単色で済んだのでさっさと終わりました。
    IMG_3095
    ビームマグナムとガトリングを比べてみると・・・・
    あんまし変わんね~~~。
    このままじゃ不味いのでバズーカとガトリングには黒味を加えます。
    それは次回としましょうか。

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。


    こんにちわ、RYOです。
    昨日は凄まじい天候でした。
    朝一に大雨の轟音で目を覚まし、朦朧としたまま窓を閉めて二度寝。
    夕方にも雷を伴う雨に見舞われたおかげで一日家にいずっぱりになりました・・・
    早く梅雨明けしてくれ~~~。
    そんな気分の滅入るような状態ですが、フルコーンを進めます。
    IMG_2298
    まずはアンテナ。
    先日下地として白を吹いておきました。
    この上に色を重ねます。
    IMG_2317
    ガイアカラーのスターブライトプラスをチョイス。
    IMG_2400 (2)
    いい発色をしています。
    が、ちょいと物足りなくもあるのでこの上にクリアーイエローを吹いて仕上げましょう。
    IMG_2677
    十分すぎるほどに光を放っております。
    満足満足。
    続いてバックパックなどの黒目のパーツに行きましょう。
    IMG_2376
    パーツはこれだけ。
    色はご覧のブルーFS15044を基本色としてチョイスしました。
    (このブルーはティターンズカラーとしてよく使っています)
    これをベースにセミグロスブラックをちょいちょい加えてジャリっぽさを出します。
    IMG_2415
    吹き終えるとこのようになりました。
    残りのフレームパーツが終わった後でいっぺんにクリアー塗装するためにしばし置きます。
    次回は残りのフレーム類とガトリング、ビームマグナムらを攻略といきましょう。

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。

    こんにちわ、RYOです。
    昨日サイコフレームと弾薬の塗装が完了しました。
    今日から他のフレーム類の塗装へと入ります。
    IMG_2016
    ざっとこれだけあります。
    この中にやがてビームマグナム、バズーカ、ガトリングが参入してきます。
    まずは右端のグレネードランチャー関係から始めます。
    IMG_2074
    インストを見ますと何色が何%って書いてありますね。
    まだるっこしいことこの上ない!(←ビッテンフェルトか!?)
    こんなことを一々教科書どおりにやっていたら終わる作業も終わりゃしない。
    なので、己の感性一つを頼りに色を作っていきます。
    取り出すのはこの2色。
    IMG_2079
    何の気なしに買ってあったエアスペリオリティーブルー(あってる?)とお馴染みセミグロスブラック。
    右のブルーをベースにセミグロスブラックを目分量で少しずつ加えつつ作ります。
    IMG_2109
    こんな感じになりました。
    吹いてみましょう。
    IMG_2149
    フム、後ろがゴチャゴチャしてて何がなんだかわかりゃしない。
    撮影の仕方も考え直さないといけませんな・・・
    このパーツたちにクリアーを吹きます。
    しかし、サイコフレームや白いパーツ、アンテナなどとツヤが同じではいけません。
    なので、光沢をやや抑えたクリアーでコートしていきます。
    使うのは半光沢とつや消しを4:6の割合で調合したクリアーです。
    (仮面ライダー555のラバー部分の表現で用いたものと同等です)
    IMG_2202
    つや消しクリアーがベースなので白みがかっています。
    吹いてみると、
    IMG_2244
    このとおり。
    乾燥を経て、
    IMG_2282
    完了です。
    落ち着きのある、やや光沢を持てたと思います。
    これらはツヤッツヤのサイコフレームと対になるので、全体のパッケージングに無くてはならない
    役目を担います。
    完成が待ち遠しくなってきました。
    次回は1枚目の写真にあるアンテナと右から2番目の足&バックパックのパーツへ進みます。

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。

    こんにちわ、RYOです。
    昨日青竹色を吹いたサイコフレームですが、もう一工夫してみます。
    IMG_1947
    ガイアカラーの蛍光クリアーとビリジアングリーンを出します。
    IMG_1903
    この二つを混ぜ合わせたクリアーグリーンを作ります。
    これをサイコフレームに吹いてみると?
    IMG_1918
    ツヤが出ましたね。
    乾燥させて得物から外します。
    IMG_1998
    いかがでしょうか?
    まるで青銅のような輝き!
    これが正しいのかどうかは今のところわかりませんが、なんだかワクワクしてきましたよ。

    続いて白を吹いていた弾薬パーツを塗ります。
    IMG_1870
    右に見切れているのはスーパーイタリアンレッド。
    今回はこれにします。
    IMG_1962
    湿度が高いのかなんなのか表面が少し荒れましたが、概ね満足できるものとなりました。
    これでサイコフレームと弾薬は完了しました。
    次回は他のフレーム類へと駒を進めます。
    IMG_2016


    ↑ブログランキングに参加しております。ご協力をお願い申し上げます。

    このページのトップヘ