RYOの徒然模型人生記

このブログは模型とフィギュアの世界にハマリ込んだ結果 人生そのものをモデリングプレジャーの追求へと注ぎ込んだ 一人のアマチュアモデラー(≒模型馬鹿)の日常を記す物語である。

    BANDAI フィギュアライズ6 仮面ライダー555

    こんにちわ、RYOです。
    昨日の夜からおかしな天候が続いているので、日中は家から出ることなく惰眠をむさぼり、
    正午に目を覚ましてから家事に明け暮れておりました。

    それらの作業も終わり、軽くひとっ風呂浴びてから思い出したかのように555にとりかかりました。
    今回は合わせ目を消していきます。
    その対象となるパーツはこちら。
    IMG_5073
    胴体、腕、腿、足です。

    そして使うものはこちら。
    IMG_5100
    タミヤセメント。
    前回のダグラムでは色々あって流し込みタイプをチョイスしましたが、今回は時間にもある程度
    ゆとりを持てるので、スタンダードタイプを用いることにしました。

    これをたっぷりと接合面に塗ります。
    IMG_5112
    「塗る」というよりも「盛る」というほうが正しい表現かもしれません。
    これを両面交互に3回ずつ盛り付けます。
    IMG_5126
    そして接合します。
    グーっと力をこめて挟み込んで、しっかりと接着剤の山脈ができるようにします。
    乾燥したらここを削り込むことで合わせ目を消していくわけです。
    コツとしては挟み込んだ後、接合面をこすり合わせるように動かして十二分に山脈を隆起させると
    いいでしょう。
    これらが不十分だと削り込んでも凹みが消えずに残ってしまいます。(前回も起こりました。)
    また、注意点としては接着剤には絶対に触れてはいけません。
    せっかくの山脈が崩れてしまい、合わせ目を消しきれなくなるからです。

    そして全パーツにその作業を施しました。
    IMG_5154
    全部で30分少々かかりました。
    これで合わせ目消し第1段階は終了。
    つづきは1週間後に削り込みを行います。
    それまで555は休業となります。

    しかし、これだけの作業なのに先週はまったくできなかったのだから、どれだけ疲れてたのか?
    まったく先が思いやられる・・・

    Open your eyes for the next Φ's.


    ↑記事がお気に召しましたらクリックをお願いします!!

    なんとか555を再開できました。
    まずは製作の指針を決めるところ・・・の前に
    謝っておかなくてはならないことがあります。

    素組が終わったらアクションポーズを試すと言っておきましたが、それをすっかり
    忘れてしまい、写真を撮っていませんでした。
    お詫び申し上げます。

    もう全バラにしてしまいました。
    IMG_4443


    さて、まずはどんな555にするのかを決めましょう。
    フォームはノーマルです。
    塗装はグラデーションをかけないストレートで。
    そうなるとツヤをどうするかですが。
    今回はスーツアクターが着る「衣装」としての仮面ライダー555を目指してみようと思います。
    色によって素材が異なるので、それを映像や文献から読み取って塗装の指針にします。
    そしてシール。
    IMG_4473
    この555はモールドで表現されている部分が多岐にわたってあり、上からシールをベタッと
    つけたのでは立体感が台無しになる恐れがあります。
    なので、シールはメカニカルな部分のみを切り取って使うこととし、他はすべて塗装で表現します。
    フルメタルラングの開閉機構はオミットし、作業時間を稼ぎます。

    といったところでしょうか。
    塗装色はおいおい発表するとして、次回は合わせ目消しから始めます。

    Open your eyes for the next Φ's.


    ↑記事がお気に召しましたらクリックをお願いします!!

    残すはファイズフォンやファイズエッジなどのアクセサリーとエフェクトパーツです。
    IMG_3849
    ファイズフォンはこの3パーツ。
    IMG_3865
    組み上げるときは真ん中のジョイントパーツが壊れないよう注意が必要です。

    IMG_3899
    あるべき場所にセットされました。
    「変身!!」

    IMG_3906
    ファイズエッジはこの5パーツ。
    組みあがったら腰に装着します。
    IMG_4001
    他のパーツも組みあがりました。

    IMG_3939
    最後はエフェクトパーツを。

    IMG_3956
    さっさと組み上げて完了!!

    IMG_3994
    仮面ライダー555が組みあがりました。

    さて明日はアクションポーズをとらせて可動域のチェックと、塗装の下準備に入ります。

    Open your eyes for the next Φ's.


    ↑記事がお気に召しましたらクリックをお願いします!!

    555の続きといきましょう。
    まずは足から。

    IMG_3721
    まずは左右共通となる関節パーツを切り出して、
    IMG_3743
    組み上げる。

    IMG_3761
    続いては太腿と脛。
    IMG_3776
    足首パーツも用意して、
    IMG_3814
    組み上げる。
    足首がボールジョイントなので、丸いんです。

    IMG_3829
    上半身と合体して立ち上がりました。
    あとは武器、アクセサリーを残すのみです。

    Open your eyes for the next Φ's.


    ↑記事がお気に召しましたらクリックをお願いします!!





    今日は555の腕にとっかかります。
    IMG_3568
    左右共用のパーツを切り出します。
    これは肩関節と肘関節ですね。
    IMG_3583
    組み上げるとご覧の感じ。

    IMG_3603
    上腕から手首のパーツも切り出して、
    IMG_3618
    組み上げます。

    IMG_3625
    胴体と合体しました。
    肘関節が悪目立ちしてますね~。
    次回は足に行きます。

    Open your eyes for the next Φ's.


    ↑記事がお気に召しましたらクリックをお願いします!!

    こんにちわ、RYOです。
    ザウバー(箱から出してすらない)を横にうっちゃり、555に浮気をしました!
    ひとまずは全部組み上げてから今後のことは考えましょう。

    IMG_3157
    先日発売されたばかりのキット、フィギュアライズ6 仮面ライダー555ですね。
    以前MGシリーズでWとかオーズ(持ってます)とかありましたが、これはHG寄りのようです。

    開けてみましょう。
    IMG_3181
    主なランナーは3枚!
    あとはエフェクトパーツ、台座、ポリキャップとシールとインスト。
    同価格帯のHGシリーズのガンプラよりもこじんまりした(?)印象を受けました。

    IMG_3205
    555の必殺キック「クリムゾンスマッシュ」のエフェクトパーツです。
    これ結構いろんなことに使えそうじゃないですか??
    ガンバスターに使えばスーパーイナズマキックだし、ウルトラマンレオにつければレオキック。
    (んなわけない・・・)

    ではいつものように頭から組み上げます。
    IMG_3230
    頭のパーツを切り出して、ゲート処理して、ヤスリをかけて、ボッチを削って、

    IMG_3248
    組み上げる。
    目のグルグルがよく再現できてますね。

    IMG_3271
    胸部のパーツも同じように切り出して、

    IMG_3281
    組み上げ。
    あ、バリがすごいな・・・

    今日は頑張って胴体をやっちまいます。
    IMG_3312
    上がお腹、下が下腹部のパーツです。

    IMG_3321
    股関節は二つのポリキャップで構成されています。
    上下運動が独立してできますが、前後には動きません。(いいのかな?)

    IMG_3343
    組みあがりました。
    ファイズフォンは次の更新で。

    IMG_3373
    全部組み上げました。
    素組でもこんなに再現度が高いなんて。
    これは楽しめるキットですよ。
    続きはまた今度~~。

    Open your eyes for the next Φ's.


    ↑記事がお気に召しましたらクリックをお願いします!!

    このページのトップヘ