こんにちわ、RYOです。
ザウバーのボディに銀を吹きます。
まずは材料を。
IMG_7030
塗料は先にも紹介したとおり、ガイアカラーのスターブライトシルバーです。
そしてこれを薄める溶剤はメタルカラー御用達のメタリックマスターを用います。
このメタリックマスターはメタルカラーの中にある粒子を細かくしてくれるので、目が粗くなくなり
よりリアルな金属調の塗装を可能にしてくれるのです。
(ガンダムのHGUCなどで使っても効果は抜群ですよ)
では使ってみましょう。
IMG_7080
いつものように塗料をよくかき混ぜてから皿へと移し、そこへメタリックマスターを投入。
するとあちらこちらで波紋がたちまくり、粒子が激しく動いていきます。
これが終わるまで10分少々放置いたします。

そして10分が経過したのでエアブラシにとって吹いていきます。
その成果はこちら。
IMG_7088
あれ?
思ったよりも粒子が粗くないか??
もう少し目立たなくなるはずだったのに。
IMG_7132
あわせてみても、やっぱり粒子の粗さがキニナルな~。
そして、ここで別に問題が発生・・・
フロントのパネルの合わせ目は実車にはないことがわかりました。
しかし、いまさら合わせ目を消していくなんて眠たいことをしている時間もやる気もなくなりました。
アロンソでなくても言いたくなりますわ・・・

「マンマミーア!!」(F1GP 2013年イタリアGP予選の無線より)

合わせ目はそのまま置くとしても、銀の問題はなんとかしたい。
これから方策を練ります。

最後にNACAダクトとリアウイング翼端板の裏側を見ると、
IMG_7186
銀の粒子がかかっちゃった・・・・
翼端板はマスキングしてエアブラシで吹くとして、ダクトは筆でやるしかないかな。
マスキングテープを貼るという一手間を省いた結果がこれか~。
今日は散々だわ・・・
ま、雨が降り出す前に作業ができたのは不幸中の幸いとするか。


↑記事がお気に召しましたらクリックをお願いします!!