こんにちわ、RYOです。
あかガンダムは塗装に入るわけですが、ここいらで少し休みを取って今年の目玉について考えます。
昨年参加した中央工学校模型同好会主催のガンプラコンペに今年も参加しようと思います。
そこで気になるのがお題ですが、今年はこれです!
fdcf4b5a
リガズィです。
言わずと知れた「逆襲のシャア」に登場するMSですな。
物語の序盤はアムロが乗り、中盤以降はケーラ、そして最後はチェーンが乗りますが
劇中ではさしたる戦果も残せず、ギュネイには「ガンダムもどき」と呼ばれフルボッコにされた挙句
狂乱したハサウェイに打ち落とされるという悲惨な末路をたどるMSとして広く知られます。
4b301ded
可変型MSの祖たるZガンダムを先祖に持つリガズィですが、簡易量産型というコンセプトで
開発がなされたということもあり、複雑な変形機構を持ってはいません。
そのかわりバックウェポンシステムというとてもコストがかかりそうな装備をつけることで、
可変MSという案件を満たす力技を使った結果、コストダウンとは相矛盾する中途半端なMSとして
リガズィはこの世に生まれ出でてしまったというわけです。
逆シャアに続くストーリーとしてユニコーンがあるわけですが、その劇中に登場する連邦軍の
可変MSはデルタプラスとリゼルという、いずれもリガズィ(ひいてはZガンダム)とは変形機構の
異なるMSだっただけにZガンダムの系譜はこのリガズィをもって途絶えてしまうという、
なんとも寂しい結末を見るような気分です。
そんなシャア曰く「情けないモビルスーツ」(←νガンダムのことを言っているという説もあり)の
リガズィですが第4次スーパーロボット大戦では序盤からアムロの機体として八面六臂の
活躍をみせてくれたこともあり、私はとても好きなモビルスーツです。
なので思い入れの強い機体ですから選手権で入賞するという意味でも、強くてカッコイイ姿の
リガズィに仕立てあげてやりたいと思います。
使うキットはコチラ!
IMG_3648
マスターグレードです。
内容としてはオリジナルとはコンセプトが大きく違う形を考えています。
まずは素体を組んでみてから、どこまで実現可能なのかをよ~く吟味したいと思います。

 ←ブログランキングに参加しております。
このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
気が向いたらコメント欄に書き込みもしていってくださ~い。 m(_ _)m