ザウバーです。
組み始めるにあたって懸念されることが一つありまして、それを検証する必要があるので
今日はそれをやります。
それはインストにある一文が発端でした。

IMG_3434a
赤いアンダーラインを引いた部分を見てください。
「クリアーを吹くな」とあります。

クリアーを吹かなかったら経年変化でデカールがボロボロになっちゃうじゃないか!?

というわけでこのデカールが本当にクリアーに耐えられるかどうかのテストを行います。
(ついでにデカールが普通に使用できるかのチェックもします)

IMG_3446
使わないゼッケンナンバーを切り出しておきます。
そしてデカールの土台を用意します。
IMG_3468
タミヤのプラ板。
これを適当な大きさに切りだします。
IMG_3498

そしてデカールを水につけます。
IMG_3509
新品ならば水につけたら、容器の縁に置くなどして台紙からずれてくるのを待てばいいのですが
このデカールはなかなか動いてこない・・・
結構な時間水の中に沈めました。

そしてプラ板の上に置きます。
IMG_3523
たっぷり水を含んでいますがバラバラにちぎれることもなく、変形しても元に戻れる柔軟性を
持っていることがわかりました。

IMG_3543
綿棒で水を吸出しつつ、しわを伸ばしてあげて完了。
明日まで乾燥をさせたらエアブラシでクリアーを吹き付ける耐久テストをやります。
というわけで続きはまた次回です。


↑記事がお気に召しましたらクリックをお願いします!!