RYOの徒然模型人生記

このブログは模型とフィギュアの世界にハマリ込んだ結果 人生そのものをモデリングプレジャーの追求へと注ぎ込んだ 一人のアマチュアモデラー(≒模型馬鹿)の日常を記す物語である。

    2020年10月

    こんにちわ、RYOです。
    今回からハンブラビに手をつけていきます!
    今年開催されるはずだった中央工学校模型同好会の模型コンペ「可変機選手権」が
    来年に持ち越しになったので、自分のなんかやろうかな?と思っていた矢先
    ヤマナカ模型で旧キットのハンブラビをゲットできたので、やってみようと思ったワケ。
    DSC_0420
    時代を感じさせるパッケージアート。
    DSC_0425
    ランナーは2色4枚の構成。
    今回は合わせ目が出てしまうパーツのうち、のっけからやっても問題ないものをやっつけます。
    DSC_0429
    腕パーツ。
    DSC_0431
    肩関節と肘と拳を貼り付けて、クリップで挟みこんで、このまま乾燥させます。
    DSC_0440
    そして足首とスカートパーツ。
    DSC_0444
    これも同じようにカッチリと挟み込んでいきます。
    DSC_0449
    そして背中のビームキャノンと本体まで一気にやっちまいました。
    このまま数日おいて、続きをやっていきます!

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    皆様からのコメントもお待ちしております!! 

    こんにちわ、RYOです。
    今日は一年ぶりに東京都は北区王子まで足を運びました。
    DSC_0377
    お目当てはもちろん中央工学校。
    同校の模型同好会のカワニシ総帥とM先生を訪ねました。
    本当なら飛鳥祭の準備でにぎにぎしくしているはずの学校もコロナ禍でこの静けさ。
    今年は開催ができない、ということで例年とは荷物が違いつつも訪問です。
    DSC_0378
    一年ぶりの学校もコロナウイルスの影響は多大で部活動もろくすっぽできないとか。
    また、この部室も今年限りで来季からは別の場所に移るらしく、新居の問題もあるそう。
    この一年の間の出来事を振り返りつつ、話しているとM先生も合流し作品の話に。
    DSC_0379
    DSC_0381
    DSC_0384
    昨年のモナカ選手権で持ち込んだホワイトベース(2位入賞!)を交えつつ、記念撮影を。
    ホワイトベース隊が勢ぞろいすることはこの模型同好会でも初めてらしく、
    先生方も興味津々で話にも花が咲きました。
    DSC_0385
    そして総帥が作られたというメガサイズのユニコーンも見せていただきました。
    DSC_0388
    このデカさもさることながら、塗装にもメチャメチャ苦労したとのこと。
    そして直立させていると、自重に耐えられずダレてくるのだとか。
    世代が新しくなっても重力に勝てるガンプラは早々ないってことね~。
    と、話し込んでいると10時に来たのが終わったのは12時前。
    久々の再会とプラモトークが満開で十二分に堪能して、お別れしました。
    なんかパワーをもらったので、これからしばらく模型製作に精を出したいと思いました。

    そして晴天のもと王子から赤羽まで歩き、なじみのヤマナカ模型へ。
    DSC_0393
    マスターのコヤマさんには会えなかったのですが、結構なシロモノをゲット。
    DSC_0420
    旧キットのハンブラビ!(¥560)
    これを使ってちょいと頑張ってみたいと思います!

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    皆様からのコメントもお待ちしております!! 

    このページのトップヘ