RYOの徒然模型人生記

このブログは模型とフィギュアの世界にハマリ込んだ結果 人生そのものをモデリングプレジャーの追求へと注ぎ込んだ 一人のアマチュアモデラー(≒模型馬鹿)の日常を記す物語である。

    2019年05月

    こんにちわ、RYOです。
    我が家の話としてはしばらくぶりの更新です。
    宇都宮での仕事も始まり、だんだんと動き出しているなかで日々大変です。
    なので仕事帰りに作業するのも困難な状況だったので、工房の立ち上げも伸び伸びでした。
    そこで休みの日を使って作業して工房を立ち上げられるようにしていきます。
    DSC_0022
    ここに来たばかりの頃はこんなカンジでしたが、
    DSC_0046
    周りを片付けて、浦和の部屋ではデッドスペースになっていたプラスチックのタンスを活かせる
    ようにデスクの横に配置しました。
    DSC_0050
    そしてデスクの上と下とタンスの上に各種の工具を配置しますと、
    DSC_0053
    こうなりました。
    デスクの右側に工具ボックス、デスクの下にジャンク品のボックス×2、
    タンスの上に塗装用具のボックス、さらにその上に塗装ブースを置きまして
    とりあえずの形になりました。
    令和の御世はこの工房で作品の製作にかかっていきます。
    作業再開にはいましばらく時間がかかりますが、ぼちぼち気持ちが上がってきたところで
    走り出したいと思います。
    今後ともよろしくお願いします。

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    皆様からのコメントもお待ちしております!!

    こんにちわ、RYOです。
    今日は静岡ホビーショーの情報が入ってきましたので、それをご紹介いたしましょう。
    気になったのは4点。
    201905080217001
    まだ監修の最中のようですが、「閃光のハサウェイ」の登場機ペーネロペーが。
    HGUCでこのボリュウムです。
    果たしておいくらになりますか?
    2つめは
    201905080228401
    ガナーザクウォーリア。
    デスティニーの後を受けての登場かと思いますが、それがまさかのMGでの登場!
    何故!?
    ザクウォーリアは以前紹介したガンダムF90と同じくシルエットと呼ばれる換装パーツを
    用いることで接近戦、砲撃戦、後方支援と様々なファイトスタイルを持てる機体ですから
    コレクション性を強めるならHGCEでの登場が望まれますが・・・
    3つめは
    201905080220321
    ガンダムサンドロック。
    完成見本も出てリリース時とお値段も決定しました。
    ¥1620ですか。
    ボリュウムに対してちょっとお高くありませんこと?
    そして最後は
    201905080420231
    MODERIDから「天空のエスカフローネ」のガイメレフ。
    フィギュアっぽいですがプラモデルとして登場です。
    最近はゴウザウラーとかライジンオーとかサンライズのガンダム以外のキットが
    熱々の熱盛りになってきた感があります!
    今回も興味深い展開が多く楽しめました。
    秋の東京でのホビーショーはどうなりますか??

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    皆様からのコメントもお待ちしております!!

    このページのトップヘ