RYOの徒然模型人生記

このブログは模型とフィギュアの世界にハマリ込んだ結果 人生そのものをモデリングプレジャーの追求へと注ぎ込んだ 一人のアマチュアモデラー(≒模型馬鹿)の日常を記す物語である。

    2016年09月

    こんにちわ、RYOです。
    新しい職場での仕事も三日目ですが、いまだに空気に慣れないのが現状です。
    ヘンなプレッシャーがあって、食欲もあんまり湧いてこないのもオカシイかなと。
    身体の変調が起きてほしくないなぁと、戦々恐々とする日々であります。

    さて今回はボディ改造の2回戦。
    Ex-Sのボディにつくパーツをリガズィに取り付けられるように加工をしていきます。
    IMG_2218
    とりあえず乗っけてみると当然収まらない。
    まずはパーツ側から加工していきます。
    IMG_2242
    裏返して接合部を残しつつ、切り欠きをつくってみました。
    IMG_2258
    そしてリガズィのコクピットにも穴をあけておきます。
    これにより、パーツが刺さるようになりましたが、パーツの形からか収まりがまだ悪い。
    なのでもう一加工します。
    IMG_2275
    こんなカタチをしていたパーツを、
    IMG_2291
    ここまで小さくしました。
    これで収まるハズ!
    IMG_2308
    これでアーマーパーツをつけられるようになりました。
    隙間が空いているのはチョイと不恰好ですが、概ね満足できると思います。
    ボディに迫力が出たことで、頭の大きさがあんまし気にならなくなってきましたね。
    さて、今度は脚にいきますよ。

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    気が向いたらコメント欄に書き込みもしていってくださ~い。 m(_ _)m 

    こんにちわ、RYOです。
    今日は先日行われたスーパーフォーミュラ第6戦 SUGOを振り返ります。all-japan-super-formula-round-6-sugo-sekiguch
    毎戦毎戦勝者が変わる珍しい部類に入る今シーズン。
    残るレースはこのSUGOと10月最後の鈴鹿の2レースのみ。
    チャンピオン争いを勝ち抜くには、ここでなんとしても勝利をあげたいものですが。
    ポールポジションは今年躍進著しい関口雄飛が勝ち取りました。
    レースはほぼ予選どおりのオーダーでスタートし、波乱も特にない状況で進みます。
    しかし、17周目にオリベイラが単独スピンを喫し、リタイア。
    これでセーフティカーが入りますが、それで割を食ったのがトップ快走中の関口。
    関口以下のマシンはみな、このSCラン中にピットインを済ませられたのですが、関口だけは
    ピットインができないままSCの後ろにつかざるを得ず、これまでのリードがオジャン。
    それに加えてピットインをしなくてはならないという、絶望的な状態に追い込まれてしまいました。
    しかししかし!それで終わる関口ではありませんでした。
    race_160925_1
    SCがどけるとそこから鬼神の如き走りを見せ、後続を30秒以上も引き離してピットインの
    時間を稼ぎだすとピットインを終えても10秒以上のマージンを残したままピットアウト!
    そのまま悠々と走り、独走のままトップでチェッカーを受けて見せました。

    r001
    IMPULの星野監督も圧巻の走り!
    これでランキングもトップに躍り出ることになり、チャンピオンに最も近い状況で最終戦に
    臨むことになります。
    それにしてもこの男の躍進ぶりはいかがでしょうか!?
    このままチャンピオンになっちゃいな!!
     
    Po.No.DriverCar Name / EngineLapsTimeDelayBestTime

    120関口 雄飛Yuhi SekiguchiITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF14TOYOTA RI4A681h22'26.480183.323km/h1'07.736
    264中嶋 大祐Daisuke NakajimaGREEN TEC/NAKAJIMA SF14Honda HR-414E681h22'40.75814.2781'08.865
    340野尻 智紀Tomoki NojiriDOCOMO DANDELION M40Y SF14Honda HR-414E681h22'45.36518.8851'08.728
    437中嶋 一貴Kazuki NakajimaVANTELIN KOWA TOM’S SF14TOYOTA RI4A681h22'45.81119.3311'08.730
    536アンドレ・ロッテラーAndre LottererVANTELIN KOWA TOM’S SF14TOYOTA RI4A681h22'46.73520.2551'08.486
    641ストフェル・バンドーンStoffel VandoorneDOCOMO DANDELION M41S SF14Honda HR-414E681h22'49.58123.1011'08.657
    734小暮 卓史Takashi KogureDRAGO CORSE SF14Honda HR-414E681h22'50.47023.9901'08.463
    83ジェームス・ロシターJames Rossiterフジ・コーポレーション KONDO SF14TOYOTA RI4A681h22'53.88127.4011'08.505
    965ベルトラン・バゲットBertrand BaguetteGREEN TEC/NAKAJIMA SF14Honda HR-414E681h22'54.66228.1821'08.442
    104ウィリアム・ブラーWilliam Bullerフジ・コーポレーション KONDO SF14TOYOTA RI4A681h23'04.48138.0011'08.553
    1110塚越 広大Koudai TsukakoshiREAL SF14Honda HR-414E681h23'04.80538.3251'08.747
    127ナレイン・カーティケヤンNarain KarthikeyanSUNOCO TEAM LEMANS SF14TOYOTA RI4A681h23'05.30438.8241'08.173
    1311伊沢 拓也Takuya IzawaREAL SF14Honda HR-414E681h23'08.67442.1941'08.293
    1416山本 尚貴Naoki YamamotoTEAM 無限 SF14Honda HR-414E681h23'16.20849.7281'08.790
    152国本 雄資Yuji KunimotoP.MU/CERUMO・INGING SF14TOYOTA RI4A681h23'21.00054.5201'08.384
    161石浦 宏明Hiroaki IshiuraP.MU/CERUMO・INGING SF14TOYOTA RI4A681h23'24.83758.3571'08.608
    178小林 可夢偉Kamui KobayashiSUNOCO TEAM LEMANS SF14TOYOTA RI4A671h22'41.2611 Lap1'08.065
    以上完走
    19J.P.デ・オリベイラJ.P.de OliveiraITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF14TOYOTA RI4A1720'23.45051 Laps1'08.856
    18中山 雄一Yuichi NakayamaKCMG Elyse SF14TOYOTA RI4A44'51.42964 Laps1'10.044
    そんな絶好調男な関口とは対照的なのがこの2人。
    AE6I22532-764x510

    F1本格デビューを来年に控えるバンドーンは6位入賞も、上位を脅かすことはできず・・・
    もう一踏ん張り見せて欲しいところです。
    そして可夢偉。
    20160822-kamui
    今シーズン全くの無風。
    獲得ポイント未だ0という状況は元F1ドライバーとしては許されないハズ・・・
    最終戦での大暴れに期待します。
    さぁ、泣いても笑ってもあと1戦となりました、今年のスーパーフォーミュラ。
    栄光を勝ち取るのは誰だ!?

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    気が向いたらコメント欄に書き込みもしていってくださ~い。 m(_ _)m 

    こんにちわ、RYOです。
    今日から新しい職場での仕事が始まりました。
    行っていきなりでかい棚の組み上げを命じられるとは思ってもみませんでしたが、
    なんとか初日を終えることができました。
    IMG_2054
    それにしてもキンモクセイの香りがすごいのなんのって。
    この香りを楽しみながら片道40分弱の道のりをNチビで駆け抜けるのは楽しいです。

    さて今回はボディをいじります。
    IMG_2070
    Hi-ν用のHWS拡張キットからボディ用のアーマーを取り出し、組んでいきます。
    IMG_2087
    パーツの数も大したものではないので、すぐにできました。
    そしてボディに乗せてみます。
    BlogPaint
    おさまりは別として大きさは大丈夫そうですね。
    それともう一つ。
    IMG_2121
    HGUCのEx-Sから頂戴したパーツも乗せてみます。
    フム、HWSのやつの真ん中のプレートを切り落とさないことには、これを取り付けられない。
    IMG_2136
    というわけで、真ん中の部分をニッパーでチョッキン!
    左右二つに分かれました。
    IMG_2150
    リガズィのボディを取り出し、アーマーがつくのかを検討します。
    ブレストダクトの接合部が使えたらと思いましたが、世の中そんなに甘くない。
    ピンバイスとリューターで穴を開けまして、アーマーから生えているでっぱりを入れ込めるように
    していきます。
    IMG_2170
    するとこんなカンジになりました。
    とりあえず後の事は置いておくとして、少ない加工でこれだけの収まりなら悪くないかな?
    IMG_2178
    しかし、これを実現するにはこれだけの犠牲を強いられました。
    先にやった左の胸はヒドイ有様・・・
    IMG_2208
    なのでタミヤパテで塞いであげました。
    と、ここでタイムアップ。
    次回はEx-Sのパーツをコクピット部にくっつけていきます。

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    気が向いたらコメント欄に書き込みもしていってくださ~い。 m(_ _)m 

    こんにちわ、RYOです。
    今日で地元での勤務が終わりまして、明日からはちょっと離れた越谷での仕事が始まります。
    イレギュラーなことが続くので制作作業の時間を捻出できるかが、今後の鍵になりそうです。

    さて今回も他キットからパーツをもらってくる作業です。
    IMG_1931
    我が家に眠るキットの中でも大物に分類されるMGのEx-Sガンダムです。
    このキットからはビームスマートガンを頂戴したいと思います。
    IMG_1947
    まずは砲塔部分から。
    IMG_1965
    全てを組み合わせるとなんとも大きな巨砲となりました。
    これに付属品をくっつけていきます。
    IMG_1986
    レドームとレーダーですね。
    IMG_2001
    カンタンに組みあがりました。
    IMG_2021
    ビームスマートガンのできあがり。
    問題はリガズィのハンドパーツに収まるかどうかでしたが、トリガーを持たせたら
    なかなかの収まりぶりでしたので、なんとかなると思います。
    そして次回はこれからパーツをふんだくってこようと考えています。
    IMG_2046
    もったいないけど、イメージするのに一番近いのはこれなんですね。

    オマケ
    IMG_1887
    仕事でさいたま市を廻っていると美味しいラーメンにもめぐり合えるものです。
    ですが、それも今日で食い納め。
    しばらくはこんないいものは食べられないと思うと寂しいなぁ。

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    気が向いたらコメント欄に書き込みもしていってくださ~い。 m(_ _)m 

    こんにちわ、RYOです。
    久しぶりに晴天となりまして、溜まっていた洗濯物も片付き、布団も干せて、部屋の掃除も
    捗ってといい一日になりました。
    リガズィもそこそこ作業が出来たので、改造も進捗できているようです。
    さてそんな最中にヤマトさんが届けてくれましたよ。
    IMG_1789
    今年最後の大物でしょうね。
    CSMのファイズギアがやって参りました。
    といってもご開帳をしていられるほどのヒマもなく、いまは部屋の片隅に鎮座しています。
    リガズィが終わったら思う存分遊んでやるからな!覚えとけって!(by越中詩郎)

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    気が向いたらコメント欄に書き込みもしていってくださ~い。 m(_ _)m 

    こんにちわ、RYOです。
    もうそろそろ雨続きなのも終わりになりませんかね?
    部屋のふすまが湿気を吸ってしなしなになってしまいましたし、布団もゴワゴワ、洗濯物は
    乾ききらないしでろくな事がない!
    このまま塗装工程に入るといきなり支障をきたしそうなので、早いところ秋雨とやらに出てって
    もらいたいものですな。

    さて今日は全日本ホビーショーの模様が届きましたのでご紹介したいと思います。
    私的な目玉はこれですかね?
    1-1-28
    メタルビルドのF91!
    このスタイリングのかっこよさ!!
    MGやHGUCとプラモデルではイマイチな評価が続くF91ですが、これはカッコイイですよ。
    1-2-27
    今回のモデルのために大河原邦男氏がスケッチをされたそうですが、F91のスタイルが
    異端でありながらもカッコイイタタズマイなのが、このスケッチからも伝わってきますね。
    1-5-21
    もうひとつの目玉はHI-METAL Rのダグラムです。
    0d6fa9e899c18b8213cd07fcb50f1770
     2つとも値段がすごいことになるでしょうが、手に入れて損はないと確信します。
     次に目がいったのはこれですね。
    33be7d4c0a8ca05ef65526f59ce9ff33
    HGシリーズの模様ですが、これはいったい?
    まぁ、ハイゴッグかなと思いますが果たして・・・
    そしてリリースが発表されていたものたちの姿もありました。
    a90c599c7325ddde44ed1789d8090f06
    HGCEのストフリ。
    0391df5c013e08aff02715f98a90c240-1
    HGUCからは陸ジム。
    49f2514ab213ac77915e6c566415a41a
    7ee8569c68988917bcc2a3238419e136
    オリジンからはシャア専用ザクⅠとガンキャノン。
    最後はこれですね。
    9f6f3b312c98e0621adf3e1cab8953ac
    MGで出ますジムスナイパーⅡ!
    ポケ戦のMSがMG化されるのは何年ぶりでしょうか?
    これは大いに期待したいところですね。
    それでZZ系の話はなしですか・・・あ、そうですか。(残念無念、また来年!)

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    気が向いたらコメント欄に書き込みもしていってくださ~い。 m(_ _)m 

    こんにちわ、RYOです。
    昨日からブラウザをIEからChromeに変えました。
    長いことIEの9を使ってましたけど、変えて正解!
    IEで出まくりだった不具合が全て解消されて、快適になりました。
    おまけにブログのアップロード問題もChromeには出ないので助かりました。
    (欠点は上下スライダーの動きがリニアじゃないところくらいかな) 

    さて今日はプレバンから届いたネタを挙げます。
    1000107139_2
    MGのHi-ν Ver.Kaに遅れること1年余り、キットとしては先に出ていたνのVer.Kaにも
    HWSが実装されることとなりました。
    1000107139_1
     1000107139_3
    1000107139_4
    1000107139_9
    1000107139_10
    1000107139_8
    1000107139_5
    1000107139_7
    1000107139_6
    セットの内容としてはHi-νのものよりも簡素なものになっています。
    そのためかお値段もちょっとお安くなっている模様。
    HWSのみで¥2592、ν本体とのセットで¥10152という価格設定。
    何故今になってでてきたのか、という野暮な詮索はよしておきましょう。
    これを機にしてνのほうも組み上げてみようかな?

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    気が向いたらコメント欄に書き込みもしていってくださ~い。 m(_ _)m

    こんにちわ、RYOです。
    台風は過ぎ去っても天候は未だにグズつき続けています。
    早く晴れ間が戻ってこないかなぁと思いながら、仕事をこなす日々であります。

    さてリガズィを進めたい。
    今回はドナーとなるキットからパーツを頂戴していこうかと。
    まずはこのキット。
    IMG_1810
    HGUCのEx-Sガンダム。
    このキットからはこのパーツを取りました。
    IMG_1834
    胸部のところのパーツですね。
    これをリガズィのコクピット部分にくっつけてやろうかと。
    続いてはコチラ。
    IMG_1848
    MGのガンダムMk-Ⅱ Ver.2.0(黒)。
    これからはバズーカを頂戴しちゃいます。
    IMG_1882
    これと昔作っていた白の方のバズーカとあわせて、シールドユニットを作るのに使います。
    IMG_1916
    これでバズーカが二丁できました。
    こちらも改造にまわします。
    さて次回はこれからパーツをいただいてしまいたいと思います。
    IMG_1931
    これのパーツは大物だった・・・

      ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    気が向いたらコメント欄に書き込みもしていってくださ~い。 m(_ _)m

    こんにちわ、RYOです。
    今日はF1 シンガポールGPを振り返りたいと思います。
    original
    夜のシンガポール市街地を舞台に行われる幻想的なレースです。
    2008年が初開催ですから、かれこれ9回も行われてきて今やすっかりおなじみになりました。
    309
    素晴らしいロケーションの中をF1マシンがゆく姿は時が移ろえど、カッコイイものですね。

    市街地コースなので、モナコよろしく抜きどころが限られてくるので、予選でのグリッドが
    勝敗を大きく左右してきます。
    その予選で他を寄付けずポールをゲットしたのはこの人。
    20160918-movie
    ロズベルグでした。
    ここのところの好調ぶりはまるで『神ってる』広島カープのごとき強さです。

    こういうテクニカルサーキットではシャシーバランスに優れるレッドブルも強いので、
    久々に好バトルが期待されました。
    XPB_839899_1200px
    レースは開始早々にフォースインディアのニコ・ヒュルケンベルグがクラッシュし、いきなりのSCラン。
    この混乱でババを引いたのがマックス・フェルスタッペンで、幸運を授かったのがアロンソでした。
    その後は大きな混乱もなくレースは進み、トップのロズベルグとそれを追うダニエル・リカルドの
    接戦は最後の最後まで続きましたが、結局はロズベルグが逃げ切り優勝!
    102058-764x510
    ロズベルグはここでもその強さを発揮し、ライバルたるハミルトンをついに逆転しました。

    それでは決勝結果をみていきましょう。
    PosNoDriverCarLapsTime/RetiredPts
    16Nico RosbergMercedes611:55:48.95025
    23Daniel RicciardoRed Bull Racing TAG Heuer61+0.488s18
    344Lewis HamiltonMercedes61+8.038s15
    47Kimi RäikkönenFerrari61+10.219s12
    55Sebastian VettelFerrari61+27.694s10
    633Max VerstappenRed Bull Racing TAG Heuer61+71.197s8
    714Fernando AlonsoMcLaren Honda61+89.198s6
    811Sergio PerezForce India Mercedes61+111.062s4
    926Daniil KvyatToro Rosso Ferrari61+111.557s2
    1020Kevin MagnussenRenault61+119.952s1
    1121Esteban Gutierrez Haas Ferrari60+1 lap0
    1219Felipe MassaWilliams Mercedes60+1 lap0
    1312Felipe NasrSauber Ferrari60+1 lap0
    1455Carlos SainzToro Rosso Ferrari60+1 lap0
    1530Jolyon PalmerRenault60+1 lap0
    1694Pascal WehrleinMRT Mercedes60+1 lap0
    179Marcus EricssonSauber Ferrari60+1 lap0
    1831Esteban OconMRT Mercedes59+2 laps0
    NC22Jenson ButtonMcLaren Honda43DNF0
    NC77Valtteri BottasWilliams Mercedes35DNF0
    NC27Nico HulkenbergForce India Mercedes0DNF0
    NC8Romain GrosjeanHaas Ferrari0DNS0
    参照ページ:http://www.formula1.com/en/results.html/2016/races/951/singapore/race-result.html

    さてその他のトピックもおさらいしていきましょう。
    このレースで八面六臂の活躍といえばこの人、リカルドです。
    20160910-ricciardo
    一時期はフェルスタッペンに押され気味だった彼も、今ではこの笑顔を取り戻しました。
    PUの差が縮まるテクニカルサーキットでは絶対王者メルセデスに一泡吹かせられるだけに
    日本やブラジルなどでも活躍を期待したいのですが、彼曰く「最大のチャンス」だったのは
    このシンガポールだったようで、事実上の白旗をあげたも同じですね。
    来季はレギュレーションの大幅変更により、レッドブルに再び勝機が戻ってくる可能性が
    大きいのでそれに期待しましょうかね。
    20160917-mclarenhonda
    続いてはマクラーレン・ホンダ陣営。
    バトンは完走となりませんでしたが、アロンソは7位をゲットしてみせました。
    まだまだトップ争いを演じるには遠いようですが、このチームもまた来季に期待が持てそうです。
    最後はこの方。
    16Sing-Gut-LAT1-765x510
    ハースのエステバン・グティエレス。
    今季未だノーポイントで、今回も10位入賞に一歩届かなかった彼ですが、
    今回スポットライトを皮肉な形で浴びることになってしまいました。
    事の発端はメルセデスのトト・ウォルフのコメントにありました。

    ウォルフ 「コンマ1秒を争うレースの優勝争いが繰り広げられているというのに、
    のんきにクルージングしている者が邪魔するというのはどうなのだろう。
    それも、いつも同じ人物だ」

    その同じ人物というのがこのグティエレスなのです。
    彼は周回遅れのマシンにコースを譲れという青旗を無視する傾向があり、それについてウォルフが
    苦言を呈したというわけです。
    このレースではロズベルグとリカルドのトップ争いがグティエレスとマッサのバトルに追いついた
    場面でそのようなシーンが見られましたし、それ以前にはハンガリーGPでハミルトンが
    グティエレスに対して腕を振り上げることもありました。
    これに対してハースサイドはグティエレスを擁護しています。
    そして当のグティエレス本人はといいますと、

    グティエレス 「公の場で僕を笑いものにするなんて、フェアじゃないじゃないか」
    「本人のいないところで、(しかも)公の場で言うんじゃなく、僕のところへ来て
    直接言ってくれればいいものを。言いたいことがあるんなら、僕に話せばいいだろう。
    僕がオープンな人間だってことは彼も知っているはずだ。
    何かを隠すような人間じゃないってことは知っているはずなのに」

    「彼が公然とそんな話をしたということに失望したよ」

    と怒りを露にしています。
    ってアンタが通せんぼジジイみたいになってるケースが散見されるから言われてるってのに。
    グティエレスの気持ちもわからなくはないですが、せっかくの好バトルに水を差されては
    見る側からすれば大迷惑なわけですから、正直自重を促しておきませんとね。
    相棒のグロージャンはしっかりと結果を残しているのですから、つまらない指摘をうけないためにも
    結果を示すことが彼にとっての急務であると言えるでしょう。
    shutterstock_109508537
    さぁ、シンガポールを後にしたF1サーカスは一路マレーシアへと移ります。

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    気が向いたらコメント欄に書き込みもしていってくださ~い。 m(_ _)m

    こんにちわ、RYOです。
    今日はお買い物の話です。
    IMG_1767
    まずはプレバンからこんなものたちが一挙に届きました。
    プロスタークジェガン、ブラストインパルスガンダム、RGシナンジュ拡張セットがそれぞれ2つずつ。
    プレバンのサイトでできる『おまとめ』というやつでいっぺんに送ってもらったので、
    こんなカタチになったんですね。
    でももう少し間隔が空いていればなぁ、と思ったりもしたり。
    もう一つはAmazonから。
    IMG_1717
    オルカトイズの鈴原美沙 夏セーラー服バージョン。
    コミケで流布される「魔法少女」シリーズの主役、ミサ姉のフィギュアですね~。
    IMG_1748
    RAITA氏の描くキャラの特徴を捉えていて、いいモノかなと思いますが目が行くのは
    異様なカンジのウエストですよね、ヤッパシ。
    これまた異様なほどに突出しているバストと相まって、ものすごいバランスですが
    こういうラインがRAITAキャラなんですよね~。
    発売当初は経済事情もあって買えなかったのですが、結構値崩れを起こしてきていたので
    思い切ってゲットしました。
    このあとに555のベルトも届く予定なので、10月は懐が非常に厳しいことになりそうです・・・

      ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    気が向いたらコメント欄に書き込みもしていってくださ~い。 m(_ _)m

    このページのトップヘ