RYOの徒然模型人生記

このブログは模型とフィギュアの世界にハマリ込んだ結果 人生そのものをモデリングプレジャーの追求へと注ぎ込んだ 一人のアマチュアモデラー(≒模型馬鹿)の日常を記す物語である。

    2016年03月

    こんにちわ、RYOです。
    あかガンダムが終わりまして、少し気持ちが離れたようです。
    ここは一つ、休みをとって大いに英気を養いたいと思います。
    IMG_9182
    しばらく前に買っておいた雑誌たち。
    休みもなく仕事、資格講習、制作作業、家事と続けているとさすがに疲れます。
    この手のものを読んで気分転換して、この先に繋げたいところですね。
    見沼や大宮公園の桜も見頃になるころでしょう。
    さて、新年度はどうなりますやら?

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    気が向いたらコメント欄に書き込みもしていってくださ~い。 m(_ _)m

    こんにちわ、RYOです。
    大変長らくお待たせいたしました。
    今日は我が家に届いてからもう1ヶ月も過ぎていたあのハンパないフィギュアをご覧にいれます。
    例によって周囲に気をつけてご閲覧いただきますよう、お願い申し上げます。
    フリーイングの1/4 黒木御影をご紹介です。
    TITLE
    こういうゲームのキャラクターらしいのですが。
    IMG_8205
    のっけから挑発的な姿で登場です。
    まずは恒例のぐるっと一周。
    IMG_8226
    IMG_8257
    IMG_8283
    IMG_8303
    IMG_8330
    IMG_8356
    IMG_8389
    IMG_8408
    大きさもすごいもんですが、各所のこだわり方も相当なもんだということがわかります。
    続いてご尊顔を5ショット。
    IMG_8439
    IMG_8469
    IMG_8489
    IMG_8513
    IMG_8533
    見るからにエロそうな顔つき。
    某○蜜嬢(←大好きです!!!)を彷彿とさせるご尊顔でございます。
    さて今度はバスト周り。
    IMG_8587
    IMG_8560
    IMG_8621
    IMG_8646
    四つんばいということもあって、バスト周辺の撮影は難しいのです。(以前の姫島朱乃も同様でした)
    でかいですな、しかし。
    顔より大きいんですからね。
    そしてカメラは下半身へ。
    IMG_8664
    IMG_8687
    IMG_8714
    むき出しのお尻と、
    IMG_8740
    IMG_8755
    網タイツに包まれたおみ足です。
    ショーツが固定なのが個人的には残念でしたね。
    元ネタがアダルトゲームなんですから、そこらへんも鑑みてもう一頑張り欲しかったのですが。

    さて今度は眼鏡などの着脱可能なものをパージしての撮影へと参ります。
    IMG_8789
    美人ですよねぇ、ヤッパシ。
    IMG_8807
    IMG_8818
    IMG_8856
    続いてはボディを入れつつのカット。
    IMG_8882
    IMG_8907
    IMG_8947
    IMG_8975
    IMG_8996
    IMG_9038
    IMG_9060
    露出の限界を攻めます。
    IMG_9111
    IMG_9134
    頭がクラクラするくらいの刺激でした。
    IMG_9165
    お楽しみいただけましたでしょうか?
    以前も書きましたが定価が¥20000を超えることもありまして、財政的にしんどかったのは事実。
    しかしそれを補って余りある、イイ買い物だったと胸を張って言えます。
    さて、こんなビッグフィギュアをどこに置いたものだろうか?

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    気が向いたらコメント欄に書き込みもしていってくださ~い。 m(_ _)m

    こんにちわ、RYOです。
    今回は完成へと漕ぎ着けたあかガンダムこと、「キャスバル専用ガンダム -respect SINANJU-」の
    完成写真をご覧に入れたいと思います。
    IMG_7700
    まずはぐるりと一周します。
    IMG_7727
    IMG_7762
    IMG_7790
    IMG_7820
    IMG_7847
    IMG_7871
    IMG_7911
    IMG_7958
    長いこと苦しみながらの制作は辛かったです。
    ですが、考えあぐねながらも実行に移したことが奏功したのか、まとまりよく終えられたと思います。
    IMG_7999
    IMG_8028
    作っている最中は、どんなものに仕上がるのか自分でもよくわかっていませんでしたが、
    結果としては満足すべきものだったのではないでしょうか。
    (キットの欠点を殺しきれないのは自分の腕のなさの表れですからね)
    最後は一緒に作ったアクションベースに載せて、空を行く姿で〆たいと思います。
    IMG_8054
    当初考えていたものと、やや違うようなと思いながらも概ね満足できました。
    IMG_8077
    IMG_8107
    角度によってはカッコよく映るようで、これは嬉しかったですね。
    IMG_8133
    IMG_8179
    お楽しみいただけましたでしょうか?

    あー、疲れました・・・・・
    次回作は今秋の飛鳥祭向け作品の制作に入りつつ、もう一品進めたいものがあるので
    それにとりかかろうと思います。(シナンジュもやっちゃわないと!)

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    気が向いたらコメント欄に書き込みもしていってくださ~い。 m(_ _)m

    こんにちわ、RYOです。
    あかガンダムの最終工程を迎えました。
    クリアーが乾いたパーツたちを一旦得物から外しまして、デカール部分にかかるクリアーを
    削ぎ落として、塗膜面をツライチにします。
    使うのはコレ。
    IMG_7454
    2000番のペーパーです。
    これを使ってデカールの真上だけをやすっていきます。
    IMG_7482
    終わったパーツを再び得物でくわえて、もう一度クリアーを吹きます。
    IMG_7502
    マットといっていいくらい潤沢に吹き付けました。
    あとは一昼夜乾燥を待ちます。
    そしてその間に最後の作業、開眼をします。
    IMG_7531
    付属のシールの金色のところだけをデザインナイフで切り取りまして、
    カメラアイの部分にピンセットでうまいことのせていきます。
    IMG_7560
    何のトラブルもなく、3分少々で終了。
    日付が変わって乾燥を終えたパーツたちです。
    IMG_7579
    これらを一挙に組み上げます。
    IMG_7595
    これまでにアンクルガード、左大腿のフロントアーマー、ビームサーベルの付け根、肩アーマーと
    数々の破損に見舞われてきただけに、組立作業は張り詰めた空気の中行われました。
    非常に心拍数の高まる時間でしたが、無事に終えることが出来まして一安心。
    IMG_7630
    後ハメ作業を施した頭部もこのとおり、しっかりと顔がヘルメットに納まっています。
    さぁ、最後の組み上げです。
    IMG_7668
    あかガンダムが大地に立ちました!
    本当に難産だっただけに、感慨もひとしおです。
    このあと、アクションベースと組ませて撮影ブースにて完成写真を撮りたいと思います。

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    気が向いたらコメント欄に書き込みもしていってくださ~い。 m(_ _)m

    こんにちわ、RYOです。
    あかガンダムも大詰めを迎えつつあります。
    ですが、あれだけ悲劇は起こらんでくれと祈ったのに・・・
    IMG_7266
    今度は左大腿のフロントカバーが「サクッ」と割れました・・・
    今度ばかりはスペアなしのデカール貼り付け済みということもあって、修復するしかありませんでした。
    これはもう隠しようのない大きな大きな傷として残ることになりました。
    そんなことにもめげず、今回はこれをやっていきます。
    IMG_7292
    クリアー塗料を吹いてデカールの保護をしていきます。
    IMG_7317
    デカール貼りを終えた各パーツを得物で加えまして、
    IMG_7336
    テッカテカになるようにクリアーを吹きました。
    このまま乾燥させまして、デカール面を目の細かいペーパーで軽くやすりまして、
    塗膜面をツライチにしたところから、またクリアーを吹いて完成となります。
    そして乾燥を待つ間に、最後の色づけを。
    IMG_7370
    パイロットフィギュアが残っていました。
    アクションベースに取り付けてポーズを取る以上は、パイロットが乗ってません
    なんてことはありえない!
    というわけで赤く塗っておいたフィギュアに黒をさしてあげます。
    IMG_7406
    バイザー部分を塗りつぶしまして、他の部分はスミ入れの要領で黒をさしました。
    IMG_7434
    最後はコクピットに納めましてオシマイです。
    次回はクリアー吹きつけを完了させまして、カメラアイにシールを貼って組み上げまで持っていきます。

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    気が向いたらコメント欄に書き込みもしていってくださ~い。 m(_ _)m

    こんにちわ、RYOです。
    3月もいよいよ大詰め。
    大相撲は千秋楽を明日に控え、プロ野球が開幕し、甲子園春のセンバツもベスト8まで来ています。
    モータースポーツのほうもF1が新しいシーズンを迎えました。
    そしてもう一つの世界選手権がいよいよ始まります。
    それはWEC!
    昨年はポルシェが圧倒的な強さを見せつけてくれました。
    それに迫るアウディとトヨタを加えた3強のニューマシンがそれぞれお目見えです。
    まずはポルシェ。
    CeNgYvdXIAETJRv
    CeNgY0GXEAIQVnc
    CeNgYbDXIAA3sPL
    CeNgYxFXEAAQiA3
    昨年型の2016年版「919Hybrid」です。
    去年と何処がどう変わったのか、ちょっと判別が難しいですね・・・
    それでもポルシェが持つアドバンテージはちょっとやそっとでは埋められないというのもありまして
    今年もまた大本命に挙げられること間違いなし!
    それに対するはドイツが誇るもう一つの耐久王アウディ。
    Audi R18です。
    A161459_large
    A161456_large
    A161457_large
    デザインセンターによるCGですが、こんなカタチになる模様。
    アウディはポルシェに比べると攻撃的なデザインをしてくるなぁ、というのが第一印象ですね。
    昨年はポルシェの先行を許したっきり、そのまま持っていかれたというイメージが残っていますので
    今年はそれを挽回し、王者奪回へと挑むことでしょう。
    そしてオオトリは日本から挑戦しますトヨタ。
    TS050 HYBRIDで挑みます。
    enlarge-01
    enlarge-02
    enlarge-03
    enlarge-04
    enlarge-06
    enlarge-05
    enlarge-07
    enlarge-09
    現段階で一番多く画像が出ています。
    昨年はアウディ以上に見せ場を作れぬまま終わってしまいました・・・
    今年こそWECのタイトルの奪還と、悲願のルマン制覇を成し遂げたいところです。
    元F1ドライバーを多く擁することから、耐久性の高さと一発の速さを具現化できるかどうかがカギです。

    と3強のマシンを紹介しました。
    LMP1はこの3メーカーが主役ですが、昨年いたメーカーが今年はいません。
    そう、ニッサンです・・・・
    FFというプロトタイプレーシングカーの世界では異形の存在であったGT-Rは昨年限りでオシマイ。
    ニッサンは再びLMP2のエンジン屋に成り下がってしまった模様であります。
    ファンとしてはちょっと、どころではなく大変寂しいです。
    海外のデザイナーに頼るのではなく、日本のニスモ主導でイチからマシンを作って挑んでもらいたい!
    と思うのは私だけでしょうか???
    ともかくWECは4/17のシルバーストン6時間耐久レースで開幕します。
    今から楽しみですね!

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    気が向いたらコメント欄に書き込みもしていってくださ~い。 m(_ _)m

    こんにちわ、RYOです。
    せっかく暖かくなったと思ったら、その矢先に花冷えとか・・・
    もう寒いのは飽きたっての!

    さてあかガンダムですが、デカール貼りは継続中。
    IMG_7102
    ビームライフルには苦労させられました。
    これとVer.3.0のライフルとではデザインが結構変わっていたのもあって、インスト通りには
    いかなかったので、少し工夫をしました。
    あと肩アーマーの天板部分にはデカールを貼らないのですが、アンクルガードのデカールが
    余ったので、それを半分に切って貼ってみました。
    あと残るのは手足とサーベルかな。

    23:02追記
    手足もデカール貼りを進めましたが、ちょっと寂しい気もしたのでこれを出します。
    IMG_7118
    ガンダムMk-Ⅱのデカール。
    これのコーションデカールを使います。
    IMG_7146
    ちょいちょいいろんなところに散りばめました。
    これで全パーツ終了!
    ついでにベースも。
    IMG_7177
    かくれんぼくんみたいなシールでお茶を濁しました。
    不恰好だけどしょうがないよな~。
    IMG_7230
    これにてデカール貼りが終わりました。
    いやぁ、長かった・・・・
    あとはクリアーを吹いてあげて組み上げるだけです。
    足のパーツを外すときに悲劇が起こりませんように!

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    気が向いたらコメント欄に書き込みもしていってくださ~い。 m(_ _)m

    こんにちわ、RYOです。
    デカール貼り、続行中です。
    IMG_7078
    少しずつ、また少しずつと進んでいきますが、短時間しか作業できないためにこんなもんです。
    その原因は腰の痛み。
    コタツを作業台にして、座椅子に座って前かがみというスタイルが悪いのでしょうね。
    30分くらいで腰が悲鳴をあげてきます。
    仕事終わりで体が疲れている状態で、こういう作業は骨ですね・・・
    ボディは終わりに向かっているので、あとは四肢でしょうか。
    今週末には終わらせたい・・・(>o<)

    そういえばフリーイングのISバニーシリーズの新作が発表されました。
    61XHe7R3PxL__SL1071_
    シャル、ラウラときて箒の予約がスタートしたようです。
    1/4スケールですので、大きさもさることながら価格もすごいもんです。
    フリーイングのクオリティはなかなかのものなので、できればゲットしたいものですけど
    財政の問題と土地の問題が立ちはだかります・・・

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    気が向いたらコメント欄に書き込みもしていってくださ~い。 m(_ _)m

    こんにちわ、RYOです。
    いよいよ今年もF1GPが開幕いたしました。
    25299369974_7f398b1a8f_b
    現行のレギュレーションでの最後の年となる2016シーズンはカムバック組あり、ニューカマーありと
    目新しさと懐かしさとがせめぎ合うようなカンジで始まろうとしています。
    まずは結果からおさらいしていきましょう。
    1Nico RosbergMercedes1:48:15.565
    2Lewis HamiltonMercedes+8.060s
    3Sebastian VettelFerrari+9.643s
    4Daniel RicciardoRed Bull Racing+24.330s
    5Felipe MassaWilliams+58.979s
    6Romain GrosjeanHaas+72.081s
    7Nico HulkenbergForce India+74.199s
    8Valtteri BottasWilliams+75.153s
    9Carlos SainzToro Rosso+75.680s
    10Max VerstappenToro Rosso+76.833s
    11Jolyon PalmerRenault+83.399s
    12Kevin MagnussenRenault+85.606s
    13Sergio PerezForce India+91.699s
    14Jenson ButtonMcLaren+1 lap
    15Felipe NasrSauber+1 lap
    16Pascal WehrleinManor+1 lap
    NCMarcus EricssonSauberDNF
    NCKimi RäikkönenFerrariDNF
    NCRio HaryantoManorDNF
    NCEsteban Gutierrez HaasDNF
    NCFernando AlonsoMcLarenDNF
    NCDaniil KvyatRed Bull RacingDNS
    見事に初戦を制したのはニコ・ロズベルグでした。
    r
    今年でメルセデスとの契約が切れることから、今後のことも考えると今年は是が非でも
    チャンピオンになりたいと思っているはずです。
    まずは幸先のいいスタートを切れたという格好ですが、相方のハミルトンも2位につけているので
    油断はできないでしょうね。
    20160320-f1-movie
    レースではスタートでフェラーリが飛び出して、いきなりの1-2フォーメーションを形成しました。
    96451-825x510
    ベッテル&ライコネンのチームは理想的な関係といえるかもしれません。
    1位に躍り出たベッテルはひたすら逃げ、その後ろのライコネンが3位以下をブロックするという
    役割を果たせていたのですからね。
    しかし、それも18周目の大クラッシュによる赤旗中断で全てがフイになってしまいました。

    マクラーレンのアロンソとハースのエステバン・グティエレスが絡んだクラッシュは本当に衝撃的でした。
    アロンソのマシンは大破なんて言葉では表せないくらい激しい損傷ぶりでしたからね。
    それでもアロンソが無事にマシンから降りてきた姿を見て、ホッとしました。
    XPB_797240_1200px-825x510
    両者とも大きな怪我もなく済んだのでよかったです。
    中断をはさんでレースが再開されると、ライコネンがマシントラブルで脱落・・・
    勝負はベッテルとメルセデスの2台にレッドブルのダニエル・リカルドが加わり、接戦に。
    しかし、フェラーリはピット作業でのもたつきもあり、逆転を許してしまうとその後の追い上げも
    むなしく3位に終わってしまいました。
    終わってみればメルセデスの1-2でしたけれども見所も多かった開幕戦でした。
    それでは細かいその他の部分も見ていきたいと思います。
    20160107-sainz
    結果的に9位と10位のポイント圏内でフィニッシュしたトロロッソの2人。
    レース中は右のマックス・フェルスタッペンが左のカルロス・サインツJrにヒットするシーンも見られ、
    緊張の走った両者でした。
    フェルスタッペンは「イライラするレースだった。」と語っており、サインツやチームとの関係が
    早くも危ういものになりかけているのでは?とちょっと心配です。
    血気盛んなのはよいのですが、一時のイライラを制することができなければレースという
    ロングディスタンスを戦うことなど到底不可能です。
    2010年のセバスチャン・ベッテルのような、「速いけど危うい」というイメージがつくと損ですし、
    ちょっと前のグロージャンのような狂人扱いされると自分のキャリアを最悪終わらせることにもなるので
    これからこの若者がどう成長していくのか、注目したいところです。
    そして今年こそ飛躍を期待したいマクラーレン・ホンダですが・・・
    16R01-Bou-Alo-LAT2-825x510
    予選は12位と13位と去年に比べれば、戦えるかなといったところですが、
    決勝ではアロンソがクラッシュしてリタイア、残ったバトンは完走するも14位でフィニッシュ。
    まだまだ上位に食い込んでいくには力不足は否めないようです。
    無題
    エリック・ブーリエさんも渋い表情です。
    中団のルノーやフォースインディア、トロロッソなどと戦うにはまだまだなのか?
    当面のライバルはマノーやザウバーなのか??
    今後のアップデートで巻き返しを狙いたいですが・・・
    最後に注目したいのはこの方。
    R6T4251-825x510
    ハースのロメイン・グロージャンです。
    かつて「1周目の狂人」と呼ばれ、他のマシンに突っ込んでいく様は「グロミサイル」とまで呼ばれた
    彼ですが、その汚名はすっかりすすがれて、名レーサーとして成長しました。
    まだ海のものとも山のものとも知れない新興チームのマシンを巧みに操りまして
    見事6位をもぎ取ってみせました。
    ハースのマシンのポテンシャルもさることながら、グロージャンのレース巧者ぶりが光りました!
    今年の見所の一つはハースのグロージャンであることは間違いないようです。

    と、いろいろありました開幕戦でしたが、予選は方式が改まりまして混乱が生じました。
    しかも予選が終わってないのにも関わらず、トラックの上にマシンが1台もないということにもなり、
    大不評のまま終わってしまいました。
    このことには各位に意見があるでしょうが、私個人としては即刻昨年までのものに戻すべきと思います。
    F1はレースであり、レースは「ナマモノ」です。
    その「ナマモノ」を人が手を加えようとすると、どんどん陳腐になってしまうものです。
    そのことを今のF1はもっとよく考えるべきだと思いますがね・・・

    さて第2戦は4/3のバーレーンです。
    ティルケサーキットだから嫌な予感しかしないけど、メルセデスの牙城を崩せるか期待したいです。

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    気が向いたらコメント欄に書き込みもしていってくださ~い。 m(_ _)m

    こんにちわ、RYOです。
    昨日の続きですが、仮組していたパーツをバラそうとした時に悲劇は起きました。IMG_6845
    アンクルガード、まさかの破裂!
    「パキッ」という乾いた音ともに、見るも無残な姿に成り果ててしまいました・・・
    その巻き添えを食らったアンクルガードの骨部分は、
    IMG_6861
    接着剤でくっつけてある程度の修復はできました。(でも強度的に厳しいかな?)
    IMG_6881
    そしてアンクルガードは色違いのスペアで代用します。
    キャスバル専用ガンダムのような色違いのキットの場合、本来のランナーに加えて専用の色の
    パーツを付属するべく、同じカタチのパーツが複数(色違いで)入っていることが多々あります。
    なのでそれによって命拾いできたというワケですね。
    これにより、デカール貼りは一旦ストップ。
    このアンクルガードを塗装していくことになってしまいました・・・
    IMG_6905
    他の赤いパーツ同様に黒で下地塗装、白でグラデーション塗装、赤で全体を染めて、
    クリアーで保護してあげてフィニッシュとなります。
    IMG_6927
    まずは黒を塗りました。
    この塗料の乾燥時間を利用してデカール貼りも並行して進めます。
    続いては白。
    IMG_6980
    グラデーションで縁取りに黒を残します。
    次に赤を。
    IMG_7001
    ちょっと潤沢に吹き過ぎてしまったかな?
    IMG_7040
    乾燥を待ってクリアブラックで色調を抑えてあげましたが、効果はいかほどのものか?
    とりあえずアンクルガードの問題は解決する運びとなりました。
    これから気を取り直してデカール貼りに勤しみたいところです。
    IMG_7041
    今日の成果はこれだけです。
    ガンダム本来のカラーリングに合わせて作られているデカールだけに、シナンジュカラーに
    合わせるには結構無理が出てしまうところもあるようで。
    ひとまずはインストどおりに進めますが、寂しいなと思うところにはシナンジュとかサザビーの
    デカールも使ってみようかなと思っています。

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    気が向いたらコメント欄に書き込みもしていってくださ~い。 m(_ _)m

    このページのトップヘ