RYOの徒然模型人生記

このブログは模型とフィギュアの世界にハマリ込んだ結果 人生そのものをモデリングプレジャーの追求へと注ぎ込んだ 一人のアマチュアモデラー(≒模型馬鹿)の日常を記す物語である。

    2015年07月

    こんにちわ、RYOです。
    本日はブルームーンとかいう3年に一度の満月だそうです。
    IMG_9945
    ブルーというには赤すぎやしないかい??
    でも満月だとなんだかウキウキしますね♪
    さて、ライトニングZを始めて参ります。
    20150401224803983
    これがライトニングZガンダムです。
    背中のフライングアーマーがデカ過ぎるのか、頭が小さすぎるのか、バランスが少々苦しいような。
    IMG_9982
    元絵はともかくキットの立ち姿はかなりカッコイイので期待したいですね。
    IMG_9965
    パーツはこれだけです。
    さすがにトライオン3とは比較になりませんね。
    ポリキャップ一つを除いて、あとは全て使われるので当然でしょうけれども。
    さてまずは頭からいきます。
    IMG_9991
    パーツはこれだけ。
    構造はHGUCのZとなんら変わりはないようですね。
    IMG_0015
    顔はなかなかの美男子ですね。
    ではHGUCと比較してみますと、、
    IMG_0042 (2)
    大きさがかなり違います。
    ライトニングのほうが一回りくらいスリムです。
    これは同じように見えても随分と印象が異なるものになりそうです。
    今回はここまで!

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    気が向いたらコメント欄に書き込みもしていってくださ~い。 m(_ _)m

    こんにちわ、RYOです。
    先日トライオン3を組み上げた余韻も覚めやらぬうちに、また新しいキットを開けます。
    それがこれです。
    IMG_9915
    ライトニングZガンダムです。
    発売されたばかりということもありますが、完全新規金型のZガンダムがどれだけの進化を
    果たしているのかを早いところ知りたい!という思いから本来の予定を変更しました。
    (8月からはマラサイ選手権向けの作品を進めるはずでしたが、それを遅らせることにしました)
    このキットとの対比に使うのがこれになります。
    IMG_9942
    昨年の今頃に組んだカレトヴルッフ炎用のZガンダムです。
    元々HGUCのキットを丸々使っているので、直接比較になると思いまして引っ張り出してきました。
    トライオン3はZZとどう変更をされているのかを見比べながら組みましたが、
    今回はキット自体の進化具合を見ていくこととします。
    お楽しみに。

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    気が向いたらコメント欄に書き込みもしていってくださ~い。 m(_ _)m

    こんにちわ、RYOです。
    うだるような暑さですね。
    エアコンがなかったらどうなっていることでしょうか?

    さて今回でトライオン3の組み上げも終了となります。
    最後は残ったパーツの総ざらいをしていきます。
    まずはコアファイター。
    IMG_9481
    これは完全な余剰パーツですね。
    IMG_9508
    オリジナルとは微妙にカラーリングが異なります。
    しかし使いようがないのが残念。
    そして残りのものはというと。
    IMG_9792
    変形に必要なジョイント、脛の突起、バックパックをつなげるジョイント、ミサイルランチャー、
    肩の関節、ダブルビームライフルのパーツなどになります。
    使えそうなのはダブルビームライフルですね。
    IMG_9831
    本体を組み上げまして、砲身とジョイントもありました。
    IMG_9847
    ビームサーベルがくっついてるのが特徴的。
    IMG_9872
    持たせてみると、あら違和感もないわ。
    普通にありそうな装備ですが、これは余剰部品になるようです。
    なんかに使えそうな気もするので、取っておくと面白いことに使えるかも?
    さてトライオン3もこれで全てのパーツがランナーからリリースされ、素組も完成しました。
    しばらくの間寝かせることになると思いますが、塗装などはまたいずれやりたいと思います。

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    気が向いたらコメント欄に書き込みもしていってくださ~い。 m(_ _)m

    こんにちわ、RYOです。
    今日はF1 2015シーズン第10戦 ハンガリーGPを振り返ります。
    まずは結果から。
    1Sebastian VettelGERFerrari1:46:09.985
    2Daniil KvyatRUSRed Bull+15.748s
    3Daniel RicciardoAUSRed Bull+25.084s
    4Max VerstappenNEDToro Rosso+44.251s
    5Fernando AlonsoESPMcLaren+49.079s
    6Lewis HamiltonGBRMercedes+52.025s
    7Romain GrosjeanFRALotus+58.578s
    8Nico RosbergGERMercedes+58.876s
    9Jenson ButtonGBRMcLaren+67.028s
    10Marcus EricssonSWESauber+69.130s
    11Felipe NasrBRASauber+73.458s
    12Felipe MassaBRAWilliams+74.278s
    13Valtteri BottasFINWilliams+80.228s
    14Pastor MaldonadoVENLotus+85.142s
    15Roberto MerhiESPMarussia+2 laps
    16Will StevensGBRMarussiaDNF
    RTCarlos SainzESPToro RossoDNF
    RTKimi RäikkönenFINFerrariDNF
    RTSergio PerezMEXForce IndiaDNF
    RTNico HulkenbergGERForce IndiaDNF
    先日亡くなったジュール・ビアンキ選手に捧げる勝利をベッテルがあげてくれました!
    r
    こんなドラスティックな展開が予想されたでしょうか?
    フリープラクティスではレッドブルが調子の良さを見せるも、予選ではやっぱりメルセデスが
    磐石のフロントロー独占をやってのけたので、またハミルトンが逃げ切って終わりかと思いきや
    またしても奇跡を呼び込んだのがベッテルです。
    そして彼に続いてゴールに飛び込んだのがレッドブルの2人です。
    20150727-driver
    今までの苦労が報われた瞬間といっても過言ではないでしょう。
    このハンガロリンクは低速のコーナーの多いコースだけにPUのパワー格差がある程度緩和される
    とあって今期不調に悩まされ続けたルノーにとっては上位に食い込む最大のチャンスでも
    ありましたので、フェルスタッペンの4位も含めて表彰台の獲得は今後の励みになることでしょう。
    image19_img__1536_medium-2

    そして、そして!!
    マクラーレンホンダが遂に5位&9位のダブル入賞を果たしてくれました。
    ここのところ景気のいい話が全くなく、マクラーレンとの関係も危ぶまれていただけに嬉しい結果と
    なったといってもよいはずです。
    q03-2
    アロンソも近頃は元気のない発言が多かっただけに、この結果は大きいはず。
    01
    予選Q2ではこんな一幕もあって決勝ではどうか?と思わせてくれましたが、いやいやどうして。
    その分痛い目にあったチームもありました。
    まずはなんといってもメルセデスです。
    r2
    今期で始めて2人とも表彰台を逃してしまいました。
    ハミルトンはスタート早々にコースアウトして後退し、ロズベルグはリカルドとの接触が足を引っ張り
    ライバルたるハミルトンの後塵を拝する結果になってしまいました。
    他のメルセデスユーザーにとっても散々な結果になってしまいました。
    ウィリアムズは2台揃って入賞を逃し、フォースインディアは2台ともリタイアに終わり、
    ロータスはグロージャンが7位に入ったものの、相方のマルドナードは大立ち回りを演じまして
    周囲に危害を加えまくるタイフーンのようなことになってしまいました。
    この1戦以降、2015年シーズンの勢力図が大きく変わるということにはならないでしょうが
    久々に面白いレースを楽しませてもらえたと思います。

    最後にGP2に参戦している松下信治がまた魅せてくれました。
    920769
    決勝レース2で見事1位をゲット!!
    このままF1にステップアップが叶うでしょうか!?
    今後が楽しみになりました。
    さてさてこれでF1サーカスも長い夏休みに入りました。
    次戦はベルギーのスパ・フランコルシャンでの高速バトルとなります。

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    気が向いたらコメント欄に書き込みもしていってくださ~い。 m(_ _)m

    こんにちわ、RYOです。
    去る土曜の夜に暑気払いってなもんで、会社の仲間たちと飲み会に行きましてしこたま呑んだ結果
    今日の昼過ぎまで爆寝しておりました・・・
    さてさて、トライオン3です。
    今回やるのはトライマシンの変形に必要なパーツを切り出しまして、3つのマシンを組んで見ます。
    まずは本体の分解から。
    IMG_9542
    おおまかに分けると写真のように上半身、下半身、バックパックをそれぞれのマシンで構成します。
    まずはリクトライオンから。
    IMG_9569
    一番容易にできるのがこれですね。
    IMG_9586
    一部差し替えがありましたが、たいした作業ではないのですぐに終わりました。
    続いてはウミトライオン。
    IMG_9604
    首と手首を外したものと差し替え用パーツが2つ、バーニアも2つ、あと超砲剣のしっぽで構成されます。
    IMG_9626
    腕と肩のシールドウイングを動かしてあげて、肩の関節を外してあげて、バーニアを手首にさします。
    IMG_9648
    これで完成です。
    表情がないのでいじりようがないと評判でしたが、全くそのとおりでした。
    最後はソラトライオンです。
    IMG_9684
    エフェクトパーツもついて結構面倒なことになりそうです。
    IMG_9708
    脛パーツの部分は本体とは逆さになっていて、外装パーツを取り替えたり、
    中の接続パーツ(右端のもの)を取り外したりとかなり手間のかかる変形になりました。
    IMG_9738 (2)
    一応完成しました。
    無論自立はできないのでこんな角度でしか撮影できなかったのが悔やまれるところです。
    IMG_9776
    これで3つのトライマシンが揃い踏みをしたことになります。
    不満が残る部分もありましたが、MS形態もトライマシンにも破綻がないこれだけのものを
    よくぞ作り出してくれたという気持ちでいっぱいでした。
    定価が¥2800と高額ではありますが、その値段にふさわしいどころかそれ以上の価値を持つ
    良キットであることがよくわかりました。
    といったところで時間切れとなりました。
    残すはコアファイターと使用しないパーツを見直していきます。

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    気が向いたらコメント欄に書き込みもしていってくださ~い。 m(_ _)m

    こんにちわ、RYOです。
    トライオン3の組み上げも終盤、今回は超砲剣ハイパーミノフスキー・トライザンを作ります。
    まずは剣を持つ手を作っておきます。
    IMG_9229
    ついでにビームサーベルを2本と、使いませんが銃持ち手も切り出しておきます。
    IMG_9247
    左の剣持手は左右共に掌に突起がありまして、サーベルの柄にある窪みにはめて固定します。
    IMG_9266
    こういう感じですね。
    (初期の頃のHGUCは持ち手とサーベルが一体になっているものがいくつか見受けられましたね)
    本体につけてみます。
    IMG_9280
    元のZZも大出力のサーベルだったので、それもあってかかなりの長モノであります。
    そして超砲剣を組んでいきます。
    IMG_9327
    パーツはクリアー素材のものも含めてこれだけです。
    IMG_9356
    できました。
    頭は猛禽の顔ですが、尾っぽはまるでトンボのよう。
    クリアーパーツもつけてみましょう。
    IMG_9381
    超砲剣の完成です。
    身の丈の倍ほどもある得物ですので、果たしてトライオン3がこれを持って構えられるのか?
    IMG_9413
    どすこ~い。
    なんとか右腕一本で持ち上げています。
    左手は添えることすらできていません・・・・
    全景はこんな感じです。
    IMG_9456
    なっがい!!!
    でも様になっているのですから、デザインがどれだけ優れているのかがこれでもわかりますね。
    とにかく絵になります。カッコイイの一言に尽きるというものです。
    さて残すは分離して3つのメカに変形した際の差し替えパーツと、余剰部品で何ができるのかを
    やってみてトライオン3の製作をひとまず終えたいと思います。

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    気が向いたらコメント欄に書き込みもしていってくださ~い。 m(_ _)m

    こんにちわ、RYOです。
    連日暑い日が続きますが、なんとか溶けずに過ごしております。
    体力的にはなんとかこなせているので、昨年の今頃を思うとだいぶリキがついたのでしょうか?
    さてさて、今日はトライオン3のバックパックへと進みます。
    早い話、リクトライオンの胴体をそのまま背負うようなもんですが、その胴体はいかに作られるのか。
    IMG_8891
    パーツはこれだけ。
    IMG_8917
    組み上げるとなんだかクワガタムシのさなぎのような格好をしています。
    それにしてもこのキットは合わせ目が多いですわ・・・
    そして四肢を組んでいきます。
    IMG_8943
    前足と後ろ足で形が結構異なります。
    IMG_8969
    カンタンに組みあがりました。
    まるで鳥の手羽先のような形をしているような・・・・
    これらを組み合わせますと、
    IMG_8997
    バックパックの完成です。
    そしてダブルキャノネードを組んでいきます。
    IMG_9017
    内訳としてはZZのダブルビームライフルの砲身とハイパービームサーベルを重ねた格好です。
    IMG_9038
    それぞれこのような形になります。
    これらを合体させて、
    IMG_9060
    ダブルキャノネードの完成。
    これをバックパックと組み合わせれば、
    IMG_9093
    できあがりました。
    ポリキャップが剥き出しになっているのが難点ですね。
    これをなんとかできないものか?
    まずは本体と組み合わせてみます。
    IMG_9120 (2)
    トライオン3が完全な形で大地に立ちました。
    IMG_9140
    本当に勇者ロボのような格好に見えます。
    ZZと比較してみましょう。
    IMG_9166
    前にも言いましたが、ZZのおもちゃっぽさを昇華させるカタチでそれを面白おかしく、
    そして楽しめるようなデザインが秀逸だと思わせてくれます。
    IMG_9203
    角や胸のライオンも去ることながら、バックパックの違いが大きな個性の差になっていますね。

    あとは超砲剣ハイパーミノフスキーを残すのみとなりました。
    最後の最後まで楽しみつくしたいと思います。


     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    気が向いたらコメント欄に書き込みもしていってくださ~い。 m(_ _)m

    こんにちわ、RYOです。
    トライオン3の続きと参りましょう。
    今回は下半身です。
    まずは手始めに腰。
    IMG_8293
    全部で7つのパーツと1つのポリキャップで成ります。
    IMG_8325
    変形機構を持つだけあってかかなりアッサリとしたデザインですね。
    つづいて足へと入りますが、勢い余って脛と足首のパーツを撮り忘れてしまいました。
    IMG_8674
    組みあがった姿はコチラ。
    ソラトライオンの鉤爪が印象的ですね。
    そして大腿へといきます。
    IMG_8699 (3)
    右上の青い腿パーツが使われないものですね。
    これを除いても結構な数に上るのがわかります。
    IMG_8732
    関節が挟み込み式なのが少々残念ですが、5年前のキットということで納得するしかないですな・・・
    足ができあがりました。
    IMG_8757
    壮観なつくりですが、HGUCだとやや華奢な感じを受けます。
    IMG_8782
    腰と合体。
    IMG_8788 (2)
    本家ZZと比べてみましょう。
    腰アーマーと鉤爪以外は差異が見られません。
    ってトライオンの足のほうが左右逆になっているのに今更気づきました・・・・
    後で直しておきます。
    IMG_8834 (2)
    何はともあれトライオン3の本体が組みあがりました。
    これでもまだ折り返しにしかなっていないということが、このキットのボリュームの大きさを
    物語っているといっていいと思います。
    IMG_8857
    最後にZZとツーショット。
    全体的なボリュームの差が歴然としています。
    それでもZZが元々持っているおもちゃっぽさを逆手に利用して、尚且つデザインに破綻をきたさない
    この造りの美しさです。
    完成が楽しみになってきました。

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    気が向いたらコメント欄に書き込みもしていってくださ~い。 m(_ _)m

    こんにちわ、RYOです。
    昨年の鈴鹿で行われたF1日本GPでクラッシュに見舞われて脳外傷の重態になり、
    長い間闘病生活にあった元マルシャのジュール・ビアンキ選手が7月17日にお亡くなりになりました。
    o-JULES-BIANCHI-facebook
    鈴鹿での雨中のレースの中、コースアウトしたマシンを撤去している重機と衝突したことによって
    頭部に重症を負った後、三重の病院で治療を受けまして今年の初めに母国フランスに戻りまして
    闘病生活を続けておりましたが、残念ながら天に召されたという悲しい知らせが届きました。
    8daa9b66
    F1でのレース中のアクシデントが元でドライバーが亡くなるのは1994年のアイルトン・セナ以来と
    いうことになりました。
    この件に関して鈴鹿サーキット側に過失はないということで決着はつきましたが、ビアンキ選手の
    人生を奪ってしまったということで後味の悪いことになってしまいました。
    (最近の鈴鹿ではとみに大きいレーシングアクシデントが起こっているように思えます)
    彼の犠牲を無にしないためにも、これからF1をはじめとするレースをいかに安全に遂行するのか
    ということを考えていかなければならないはずです。

    将来的にフェラーリにドライバーとして起用されることを約束されていたとも言われる若き才能が
    こんなことで生涯を終えてしまい、無力感にとらわれております。
    私と同じ8月3日生まれということで、親近感を覚えましてレッドブルを応援する傍らで
    ビアンキ選手の健闘を祈り続けておりましてモナコで初入賞を果たしたときは諸手をさしあげて
    自分のことのように喜んだことを覚えています。
    img_17bcebebe6d13c90e2fb7fed8591c7ff366940

    ジュール・ビアンキ選手に哀悼の意を表するとともに、故人のご冥福をお祈り申し上げます。

    こんにちわ、RYOです。
    梅雨明けが宣言されましたね。
    雨の代わりに恐るべき暑さが日本中で猛威を振るっております。
    熱中症などには気をつけていきましょう。

    さてこの休み中にまたしても実家に帰りました。
    両親が旅行に行きやがるということで、飼い猫の世話と畑の仕事を任せてきたんですね。
    つーわけで一泊二日で行ってまいりました。
    帰ってみると猫の姿が見受けられない・・・
    あれ?と思いながら就寝し、朝を迎えますと外から「ニャー」という声が。
    こっちから呼びかけても姿を見せないのでおかしいと思い、裏の車庫に入ってみると
    なんと車庫の中の物置の上に降りられずにいる猫の姿が・・・
    お前何してんの?と降ろしてあげました。
    一晩そこにいたのかい・・・

    無事猫も戻ってきたので餌をたんまりあげて、家のことを片付けまして昼過ぎに長瀞を後にしました。
    駅に行きますとこんなものがありました。
    IMG_8645
    長瀞町・夏の風物詩八坂祭りの山車であります。(『笠鉾』と呼ぶそうな)
    この山車の中で秩父屋台囃子を延々叩きながら、町中の中継点まで皆で綱を引いてまわる
    という昔から続く祭りであります。
    IMG_8632
    このあと大雨予報が出たので、これがどうなっちゃったのかは不明です。
    IMG_8654
    こっちにはお神輿もありました。
    懐かしい。
    昔はみんなで担いだもんだ。
    何もかも皆懐かしい。
    長瀞はこの祭りを行うことで夏を迎えます。
    今年も暑い夏になりそうですね。

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    気が向いたらコメント欄に書き込みもしていってくださ~い。 m(_ _)m

    このページのトップヘ