RYOの徒然模型人生記

このブログは模型とフィギュアの世界にハマリ込んだ結果 人生そのものをモデリングプレジャーの追求へと注ぎ込んだ 一人のアマチュアモデラー(≒模型馬鹿)の日常を記す物語である。

    2015年04月

    こんにちわ、RYOです。
    またしても作業再開に時間を要しましたが、なんとか表面処理が終わりました。
    ものすごいパーツの数ともなると気持ちもなえるものですが、今回は大きい状態のままできたので
    結構スムーズにいったように思えます。
    手順としては耐水ペーパーの600番から1000番と進めて終わりにしました。
    そして現在パーツたちはどうなっているのかといいますと・・・
    IMG_2384
    付け置き洗いの真っ最中です。
    これだけ大きいと超音波洗浄器の中には収まらないので、洗面器にぬるま湯と台所用洗剤を
    いれたものの中にパーツをいれておきます。
    そこからすすぎ洗い→乾燥と経まして光沢クリアーを吹いていきます。
    日曜日くらいにはクリアーが終わってデカール貼りに入れるようにしたいところですね。

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    気が向いたらコメント欄に書き込みもしていってくださ~い。 m(_ _)m

    こんにちわ、RYOです。
    今日はいつもの仕事とは打って変わって日雇いバイトというものを体験してきました。
    朝の6時に家を出まして、目指すは豊洲の野外音楽堂。
    ここで一日会場の設営をやってきました。
    おかげで足はパンパン、腕は真っ赤に焼けてしまいましたが、時にはこんなことをするのも
    アリかなぁと思いました。
    IMG_2305
    ↑豊洲大橋からの景色
    さてこの休みの間にモデグラを調達しようとヤマナカ模型に行くと、マスターのコヤマさんから
    電ホビのXデーが確定したとの話をいただきました。
    いよいよ来月の号を持って電撃ホビーマガジンの歴史に終止符が打たれることとなりました。
    この件に関しては噂は先行していたものの、KADOKAWA内部では蜂の巣をつついたような
    状況だそうで、編集部の方も各方面にご挨拶に出向くなどてんやわんやな日々を
    過ごしているそうです。(編集部の方々も散り散りバラバラになるそう)
    また、電ホビは休刊扱いで今後はWEBに移行するそうなので、リニューアルもライバル誌の買収も
    起こらなかったという結果に終わってしまいました。
    電ホビを購読されていた方は今後どの模型誌を選ばれるのか皆目検討もつきませんが、
    私が思うに電ホビはホビジャ、モデグラとガンプラを扱う模型誌の中で最も購読層が若かったと
    考えていました。
    模型製作においては超絶テクニックのようなものを望むというよりも、もっとライトに模型に親しみたい
    という若年層向けの模型誌だったと思います。
    そんな雑誌がなくなってしまうわけですから、業界にとっても割と痛手になるのかな?と思いましたが
    ここ数年はホビジャも随分と若年向けな企画をやってるみたいなので、電ホビの受け皿は
    ホビジャなのかなぁ、ヤッパシ・・・
    IMG_2322
    私は相変わらずモデグラを購読していきます。
    そして新しいガンプラのシリーズが始まったのをうけて購入してきました。
    IMG_2355
    HGオリジン(勝手にそう呼んでいます)のシャア専用ザクⅡです。
    可動ギミックが従来のHGよりも一歩進んでいるそうでなかなか楽しみなキットです。
    でも相変わらずマーキングシールに頼ってるのが減点対象となりそうです。
    なので製作するときはRGのザクのデカールを流用して完成させたいと思います。
    最後に、
    IMG_2380 (2)
    キャンペーンか何かがやっていたようでクリアファイルをいただきました。
    カッコイイ!!
    HG REVIVEの第3弾がSEEDのフリーダムに決まったという情報を手に入れましたが、
    これはHG CEのエールストライクに次ぐものということだと思われるのでこっちにつきましては
    情報が確定してから改めてご報告したいと思います。

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    気が向いたらコメント欄に書き込みもしていってくださ~い。 m(_ _)m

    こんにちわ、RYOです。
    プレミアムバンダイから来るメールマガジンを見て心が滾りました。
    ついにコレの受注が始まったのです。
    1000096898_3
    コンセレのディエンドライバーとディエンドベルトのセットです。
    ディケイドが放送されていた当時に発売されたDXディエンドライバーは変身するときの音声である
    「ディッエーーーンド!」が収録されておらず、不良品扱いされる始末で全くの消化不良のような
    ものだったので、放送から6年を経てついに完全版ともいうべきディエンドライバーが手に入るのです。1000096898_4
    また今回はDX版には存在しなかったディエンドベルトが初の商品化を果たすという意味でも
    革命的といえるでしょう。
    (とはいってもこのベルトはディエンドにとってはただの飾りみたいなものですがね・・・)
    1000096898_10
    ディケイドのときもそうであったようにカードも本編と同じデザインのものに変えられています。
    カードバインダーもディケイド同様に発売されるということで、セットで¥20000を超す高額商品と
    なってしまいましたが、ファンが待ちに待った本物のディエンドライバーが手に入るのであるならば
    これくらいの散財など痛くもありませんぜ。
    発売となる10月が待ち遠しい!!

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    気が向いたらコメント欄に書き込みもしていってくださ~い。 m(_ _)m

    こんにちわ、RYOです。
    今日は午後から出勤ということもあって半日で仕事が終わりました。
    そんなことだからか体力が結構有り余っているようなので、このあとガンバって表面処理をします。
    その前に今日のお昼に届いたものを開けてみました。
    IMG_2304
    水樹奈々と田村ゆかりの新譜です。
    この2人のCDを買うようになって何年経っただろうか?
    軽く10年は過ぎたと思いますね。
    水樹ヘッドの曲は「New Sensation」、田村女史の曲は「Baby's Breath」からだから
    12~13年ほど経ちましたか。
    この2人に堀江由衣を加えた3強はCDデビューからもう20年近く経つのにも関わらず、
    今なおその勢いが衰えることなく、今日までトップランナーとして突っ走っているのだから脱帽ですね。
    それだけに新世代が続々とデビューしてもこの3強の牙城を崩せていない現状を見ますと
    少し不安な気にもなるんですけどね・・・・
    今回の新曲もなかなかキャッチーな出来で気に入りました。
    早速聴きながら作業に入りたいと思います。

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    気が向いたらコメント欄に書き込みもしていってくださ~い。 m(_ _)m

    こんにちわ、RYOです。
    Hi-νガンダムの組立もようやく終わったわけで、これから製作の要となる表面処理へと行きます。
    使うのはこのへんです。
    IMG_2193
    耐水ペーパーと仕上げ用の2000番のペーパーです。
    これで表面を整えていくのですが、なんといっても難攻不落のMGキットです。
    HGのように一つ一つのパーツを気長にやっていたのでは、いつまでたっても終わらず
    作業完了となる前に私のやる気が萎えてしまうのは明白です。(恥ずかしながら・・・)
    なので今回は部位ごとに分解するにとどめて、組みあがった状態のものをならしていくことにします。
    IMG_2256
    それでもこの数です。
    これらを根気強く進めていきますが、記事にすることもないので終わった段階で再びエントリーしようと
    思います。
    ではでは作業終了までしばしお別れです。

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    気が向いたらコメント欄に書き込みもしていってくださ~い。 m(_ _)m

    こんにちわ、RYOです。
    今日は一昨日のF1バーレーンGPについてです。
    まずはリザルトからいきましょう。
    1Lewis Hamilton GBRMercedes1:35:05.809
    2Kimi Räikkönen FINFerrari+3.38s
    3Nico Rosberg GERMercedes+6.033s
    4Valtteri Bottas FINWilliams+42.957s
    5Sebastian Vettel GERFerrari+43.989s
    6Daniel Ricciardo AUSRed Bull +61.751s
    7Romain Grosjean FRALotus+84.763s
    8Sergio Perez MEXForce India+1 lap
    9Daniil Kvyat RUSRed Bull +1 lap
    10Felipe Massa BRAWilliams+1 lap
    11Fernando Alonso ESPMcLaren+1 lap
    12Felipe Nasr BRASauber+1 lap
    13Nico Hulkenberg GERForce India+1 lap
    14Marcus Ericsson SWESauber+1 lap
    15Pastor Maldonado VENLotus+1 lap
    16Will Stevens GBRMarussia+2 laps
    17Roberto Merhi ESPMarussia+3 laps
    RTMax Verstappen NEDToro RossoDNF
    RTCarlos Sainz ESPToro RossoDNF
    DNSJenson Button GBRMcLarenDNS
    勝ったのはまたしてもハミルトン。
    もはや磐石の強さですね。
    01
    今年もチャンピオンはハミルトンで決まりかな?
    そして嬉しかったのがこの人の表彰台獲得です。
    rai01
    酔っぱライ・・・・否、キミ・ライコネンです。
    これまでの3戦の不運を吹き飛ばして2位をゲット。
    結構な接戦に持ち込むことができていたのを見るとフェラーリは状況がかみ合いさえすれば、
    メルセデスに対抗できる機会は結構多いかもしれませんね。
    fermer01
    ハミルトンはともかく、ロズベルグを押さえ込むことはできる??
    (まるで1992年のウィリアムズのパトレーゼを追い立てるマクラーレンやベネトンみたいなものか)
    チームが上昇傾向にあると心配されるのはチームメイトの関係ですが、
    vetrai01
    この2人に問題はなさそうですね。
    そうなると面白くないのがこの人。
    nico01
    ニコ・ロズベルグです。
    得意だったはずの中国でも追いつくことは叶わず、このバーレーンでは再びフェラーリの後塵を
    拝する結果にもなったので面白いわけがないでしょうな。
    決勝もそうですが、予選でも僚友ハミルトンに離され、フェラーリに割って入られることも多くなってきた
    現状を考えると今後が危ぶまれます。
    果たしてロズベルグは首尾よく復活できるか?
    そんな彼よりももっと深刻な状況になっているのがこの人たち・・・
    torro01
    レッドブルとトロロッソのルノーユーザーです。
    結果にもあるようにトロロッソは2台ともに討ち死に、レッドブルはリカルドのマシンがチェッカー寸前で
    PUがブローという結末に終わりました。
    30287_3
    リカルドのマシンは4戦終わった時点ですでに3基のPUを使い果たしてしまいました。
    今年は年間4基という使用制約があるため、今後ペナルティを受けることは避けられなくなりましたが
    ルノーはこの状況を打破することができるのか?
    今回のエンジンブローをレッドブル代表クリスチャン・ホーナーは以下のように揶揄しました。

    「実に華々しいフィニッシュだ。ラインの200m手前で壊れたが、勢いでどうにかラインを
    越えることはできた」
    「あのエンジンには、コーヒーテーブルとしての未来が待っていそうだ」

    冗談めいたことを言ってはいますが、状況が深刻なことは明白です。
    コレに対しルノーの代表カルロス・ゴーンは深刻に受け止め、追加投資を保障したと報じられました。
    そしてPU開発のシリル・アビデブールはこうコメントしています。

    「信頼性は過去2レース以来われわれのアキレス腱だが、スペイン最初のセッションまで18日あり、
    現在進行中のより永続的な修正を導入し、われわれ全員が熱望していたパフォーマンスの改善を
    始めるための時間がある」
    「われわれにとって、まったくもって印象的な週末ではなかったが、やるべきことはやった。
    これまでのレースからリスクには気づいており、スタート位置を考えれば6位と9位はレッドブルに
    望むことができた最大限だ。トロ・ロッソはポテンシャルをまっとうすることができず、
    ダブルリタイアは序盤数戦に強力なパフォーマンスを見せただけに落胆の結果だった」

    出ました。
    カタチだけ取り繕ったような無理のあるポジティブ発言。
    去年も散々聞かされたコメントの数々です。
    よく見てみると具体的な内容に乏しく、中身がスカスカなのがわかりますね。
    期待していいのかどうかわかりませんが、グランプリが面白くなるためにはメルセデスという
    本命に対して対抗となるフェラーリ、そして大穴枠が欲しいのでレッドブルには
    ぜひとも復活を願います。
    さてもう一つの大穴といえばマクラーレン。
    c4_r
    アロンソが完走を果たし、レース中のペースも上昇が見られるのでルノーよりもポジティブです。
    aro01
    果たしてスペインで入賞することは叶うのでしょうか?
    相棒のバトンはレースをスタートすることも叶いませんでしたが、レース中はツイッターで実況するなど
    この状況にもめげてはいない様子です。
    but01
    でも元チャンピオンとしてはこのまま終わるわけにはいきません。
    ヨーロッパラウンドに入ってマクラーレン・ホンダはどんな動きを見せますか?
    その答えは3週間後のスペインで一つ明かされることになるでしょう。
    いよいよ2015年のヨーロッパラウンドが始まります。

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    気が向いたらコメント欄に書き込みもしていってくださ~い。 m(_ _)m

    こんにちわ、RYOです。
    ここの2日ほど指先から肘の付け根あたりにかけて痺れを感じておりまして、日頃世話になっている
    整体の先生に聞きますと筋肉疲労とのことでしたが、ものを掴むのにも一苦労する有様でしたので
    更新ができずにおりました。
    現状は小康状態ですが、いつ再発するかわかりませんので少し気をつけておきたいと思います。

    さて更新が滞った合間に愛川欽也さんの訃報を耳にしました。
    「なるほどTHEワールド」や「アド街」など多くの番組で楽しませていただきましたが、
    息を引き取る直前まで「仕事に行かなきゃ」と言っていたというその姿勢だけでも見習いたいと
    思いました。
    愛川さんは浦和にも住まわれていたということで、かつての愛川さんを知る大谷口のご老人からも
    その人となりを聞きましたが、本当に惜しい方を亡くしたと実感しております。
    謹んでご冥福をお祈りいたします。

    そして本日、待ちわびたキットが我が家にやって参りました。
    IMG_2005
    プレミアムバンダイから発売のMGドズル専用リックドムです。(×2)
    はじめてその姿を目の当たりにしたときは驚愕を覚えましたが、最近ではなんかこなれて見えてきた
    ようで違和感のようなものも吹き飛んだ格好です。
    IMG_2039
    ベースになるのも評価の高いMGのリックドムということで、プロポーションなどに心配はないでしょう。
    それとこのキットオリジナルの部分を見ていきますと、
    IMG_2049
    特徴的な肩のスパイクと巨大なヒートホーク。
    IMG_2079 (2)
    手の甲についた鋲もこのように再現されています。
    IMG_2100
    そしてエングレービング。
    ドズル専用ザク同様にマーキングシールでの再現となります。
    さすがに2つも買うとなると大枚を叩くことになりまして、おかげでちょっとエッチなフィギュアを
    泣く泣くキャンセルすることにもなりましたが買って悔いはないアイテムだったと思います。
    それと土曜日にはこんなものを。
    IMG_2124
    レース関連の雑誌を大人買い!
    これであと数日は戦える!?
    さて財布の紐もゆるんだところで、明日からまた頑張らねば。(でも手が痺れてる・・・)

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    気が向いたらコメント欄に書き込みもしていってくださ~い。 m(_ _)m

    こんにちわ、RYOです。
    久々のピーカンも夕方の大雨で台無しになりましたが、仕事に差し支えもなく済んだのは幸いでした。
    明日からは再びアチチな日々が来るといいますが、果たしてどうなりますか?

    さてさてHi-νの組立も今回が最後です。
    残すパーツはこれだけ。
    IMG_1806
    バズーカです。
    さっさと組み上げてしまいます。
    IMG_1825 (2)
    これで全部のパーツが揃いました。
    セカンドフォームに仕立てあげていきます。
    IMG_1882
    背中のスタビライザーの部分につきたてるブースターユニットを組みます。
    IMG_1899
    バズーカを2本とも組み付けて完成です。
    これをHi-νにマウントさせます。
    IMG_1945 (2)
    どうでしょうか?
    ただでさえ重厚な感の強かったHi-νHWSがさらにグレードアップしました。
    が、嬉しいのもそこまででした。
    IMG_1983
    後ろから見てみるとどうなってるのか??
    重さに負けて背負いきれてないのがバレバレです・・・
    これ以上この姿にこだわりすぎると膝関節が劣化して二度と立てなくなるかもしれません。
    どうすればうまくいくのか試行錯誤を繰り返しましたが、その都度その都度パーツがポロポロと
    取れるわ取れるわのオンパレードでした。
    もうさすがにウンザリしてきたのでこの辺で終わりにします。
    さてこれで組立工程は終わりました。
    いよいよ表面処理にステージを移すことにします。

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    気が向いたらコメント欄に書き込みもしていってくださ~い。 m(_ _)m

    こんにちわ、RYOです。
    最近文化放送で始まった「浅野真澄×山田真哉の週刊マネーランド」という番組が面白くて
    ハマッてしまいました。
    守銭奴“キュアマネー”こと浅野さんと公認会計士の山田さんのコンビが実にいい!
    スポンサーついてないけど、長く楽しみたいので頑張って欲しいものです。

    さて今回はHWSの武器であるハイパーメガライフルとハイメガシールドを組み上げていきます。
    まずはライフル。
    素体のほうにもついていたビームライフルをまず組み上げます。
    IMG_1309
    見慣れた感じですね。
    IMG_1338
    このライフルにさらにパーツを組みつけていきます。
    IMG_1357 (2)
    これだけありまして、全部組みつけていきますと
    IMG_1400
    できました。
    かなりでかいです!!
    持たせてみると丸わかり。
    IMG_1445
    ライフルと素体の高さがほぼ一緒!
    取り回ししづらいんじゃないのかな??
    ま、いいや。
    次はシールドです。
    IMG_1460 (2)
    これまた素体となるシールドを作ります。
    IMG_1500
    これを核とします。
    次いでハイメガの部分を作っていきます。
    IMG_1544 (2)
    これらと、
    IMG_1581
    これらを組み上げます。
    IMG_1642 (2)
    こんなになるんですね。
    これを組み上げると見慣れたあのシールドになります。
    IMG_1683
    これはやがてセカンドフォームのブースターユニットになるようです。
    コイツをシールドにかぶせますと、
    IMG_1720
    できあがりました。
    これまたデカイです。
    持たせてみましょう。
    IMG_1755
    本当にデカイっす。
    こんなにでかいのに全体のフォルムが破綻していないのがすごいですね~。
    さぁ残すのはバズーカとブースターユニットを背中にマウントしたセカンドフォームを作るのみ!
    苦節3ヵ月半の戦いもいよいよ終結を見そうです。

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    気が向いたらコメント欄に書き込みもしていってくださ~い。 m(_ _)m

    こんにちわ、RYOです。
    もう雨雨雨・・・
    いい加減にしてもらいたいんだけどなぁ~。
    さて、今日は力を振り絞ってHWSを組み上げていきます。
    IMG_0792
    Hi-νにヘビィ・ウエポン・システムを組み込むというのは公式ではないのですけど、
    模型の作例かなにかで見かけたことはありました。
    しかし、今回のヤツはカトキさんによるアレンジを受けて、さらなる姿へと変貌を遂げました。
    いずれその姿をお見せできると思います。
    今日は増加装甲を組み上げていきます。
    まずはブレストアーマー。
    IMG_0683
    これだけのパーツです。
    IMG_0705
    簡単に組みあがります。
    首の両サイドにあたる部分にくるミサイルランチャーは以前からありました。
    今回はそれに加えてこんなギミックも。
    IMG_0732
    ブラをたくしあげると中からグレネードがお目見えです。
    IMG_0745
    こんなカタチしてます。
    ここに直撃くらったらパイロット助からないんじゃね??
    次はスカート。
    IMG_0819
    これも面白いギミックが。
    IMG_0855
    組み上げました。
    IMG_0865 (2)
    後ろを見るとビームサーベルがあります。
    これ中のアームが動いて隠し腕になるんです。
    組み付けたあとで動かしてみたいと思います。
    最後は脛アーマー。
    IMG_0900
    メカメカしいタタズマイですね。
    IMG_0935
    なんとなく見慣れた感じのつくりです。
    IMG_0978
    これでHWSの装甲ができあがりました。
    これらを順次組みつけていきます。
    まずはブレストアーマー。
    BlogPaint
    胸部の排熱ダクトの上の部分を引き出してスキマをつくりまして、
    IMG_1025
    ここめがけてアーマーを入れ込みます。
    これで一丁上がり。
    次はスカート。
    BlogPaint
    ここのところにパーツが来ます。
    IMG_1084
    こんな感じでパーツが動いて接続部が露出します。
    IMG_1098 (2)
    上からだとどうなったのかわかりません。
    なので横から見てみます。
    IMG_1129 (2)
    結構ギッシリ詰まった感じです。
    IMG_1168
    本体に組み付けてオシマイ。
    最後は脛。
    BlogPaint
    ここの部分を広げてあげて、ブレストと同じように組み付けます。
    IMG_1219
    できました。
    これで装甲はついたことになります。
    IMG_1263
    結構重厚感が出ていますね。
    次回は武器を行きます。

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    気が向いたらコメント欄に書き込みもしていってくださ~い。 m(_ _)m

    このページのトップヘ