RYOの徒然模型人生記

このブログは模型とフィギュアの世界にハマリ込んだ結果 人生そのものをモデリングプレジャーの追求へと注ぎ込んだ 一人のアマチュアモデラー(≒模型馬鹿)の日常を記す物語である。

    2015年03月

    こんにちわ、RYOです。
    今回はF1 2015 Rd.2 マレーシアGPについて話します。
    いやぁ、今回はとってもエキサイティングなレースになりました。
    だってこの人が勝ったんだもん!
    2015037385101
    4度のワールドチャンピオンにしてワンダーボーイの異名を持つセバスチャン・ベッテルです。
    結果は以下のとおりです。
    1   Sebastian Vettel    GER   Ferrari   1:41:05.793
    2   Lewis Hamilton    GBR   Mercedes   +8.569s
    3   Nico Rosberg    GER   Mercedes   +12.31s
    4   Kimi Räikkönen    FIN   Ferrari   +53.822s
    5   Valtteri Bottas    FIN   Williams   +70.409s
    6   Felipe Massa    BRA   Williams   +73.586s
    7   Max Verstappen    NED   Toro Rosso   +97.762s
    8   Carlos Sainz    ESP   Toro Rosso   +1 lap
    9   Daniil Kvyat    RUS   Red Bull    +1 lap
    10   Daniel Ricciardo    AUS   Red Bull    +1 lap
    11   Romain Grosjean    FRA   Lotus   +1 lap
    12   Felipe Nasr    BRA   Sauber   +1 lap
    13   Sergio Perez    MEX   Force India   +1 lap
    14   Nico Hulkenberg    GER   Force India   +1 lap
    15   Roberto Merhi    ESP   Marussia   +3 laps
    RT   Pastor Maldonado    VEN   Lotus   DNF
    RT   Jenson Button    GBR   McLaren   DNF
    RT   Fernando Alonso    ESP   McLaren   DNF
    RT   Marcus Ericsson    SWE   Sauber   DNF
    昨年はレッドブルともども不振を極め、失意のまま移籍しまして今期はフェラーリの威信を
    背負ってのレースとなりましたが、移籍してこの短期間の間に1勝をもぎとってくれました。
    20150329-driver
    メルセデスの両雄を左右に置いてのお立ち台です。
    かつては「レッドブルのマシンを駆っていたからこそ勝てた」などとアンチファンから言われてましたが、
    その評判もろとも去年の不振を吹き飛ばす大勝利をこのマレーシアで挙げたのです。
    セーフティカーが絡んでの戦略上で優位に立って逃げ切ったので、メルセデスをねじ伏せて勝った
    というわけではないのですが、今年のフェラーリが強さを取り戻していることは確かなようです。
    16965138085_031dce534d_b
    このマレーシアでは雨も多く、予選から多くの驚きがありました。
    さて中国ではどんな戦いが繰り広げられるのでしょうか?
    もう一つ注目したいのがこのお方です。
    20150126-02
    トロロッソのドライバー、マックス・フェルスタッペンです。
    歴代最年少記録を塗り替えたことで話題を呼んだ“若造”ですが、今回のレースでは見事に
    結果を残してみせました。
    しかも姉妹チームのレッドブルを尻目にしながらの7位フィニッシュです。
    マシンの差もあるのかもしれませんが、マックスの力量が相当のものであるということは
    証明されたといってよいでしょう。
    少なくともペイドライバーたちよりも優れていることは確かなはずですね。

    去年以上にメルセデスが独走して、つまらないシーズンになるのかと思いきやコース上では
    早くも王者に待ったをかけるチームが出現し、コース外ではレッドブルとルノーの確執と
    エンジンなどの規制についての政治ゲームが展開されるなどなかなか楽しめる内容が
    揃いつつあるようです。
    次の中国は2週間後になります。
    ここいらでウィリアムズが上がってきて、メルセデス&フェラーリに喰いついてくれたら面白くなるのに。
    あとレッドブルが抱えた問題はいかにして解決の目を見るのか?
    20150316-redbull
    マルコ博士も表情が優れません。
    ルノーはトロロッソを買収して、ワークスチームにしようと画策しているとは以前報道されましたが、
    今度は撤退について検討しているというコメントも出てまいりました。
    今後もしばらく目は話せそうにありませんね。

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    気が向いたらコメント欄に書き込みもしていってくださ~い。 m(_ _)m

    こんにちわ、RYOです。
    ちょいとご無沙汰しておりました。
    先週末に新潟県は湯沢に出張ってきました。
    IMG_9738
    去年もありましたが、年に一度母方の祖母を囲む会に行って来たのです。
    祖母も今年で93歳を迎えますが、いまでもしっかり喋りますし、歩きますし、元気です。
    仕事で寝たきりのご老人を日々お相手していますので、元気な祖母を見ているとこっちも
    なんだか元気になってくるような気がします。
    長岡に住む従兄弟も結婚をしまして、気がつけばチョンガーは私だけという悲しい状況に
    なっていたのですが、結婚は相手がいなけりゃできませんからねぇ~~。(すっとぼけ)
    年々肩身が狭くなりそうですが、そうそうカンタンにはいかんものです。
    さて、久々の再会を祝いつつ、お酒と温泉を堪能して湯沢をあとにしました。
    2日後には新年度を迎え、私も新たなフィールドで戦うことになります。
    頑張らねば!
    IMG_9844
    そうそう、月末なのでコレを買っておかないとね。
    戦車モデルも楽しそうなんですよね~。

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    気が向いたらコメント欄に書き込みもしていってくださ~い。 m(_ _)m

    こんにちわ、RYOです。
    今回は久々にお買い物です。
    ここのところ仕事に傾注するあまりか、お買い物に行く機会が激減しまして、それだけではなく
    Amazonとかで買う機会も減少傾向にあるのでブログにあげるのは久しぶりとなります。
    で、今回我が家にやってきたのがこれです。
    IMG_9638
    タカラトミーのトランスフォーマー マスターピースシリーズよりスターセイバーです。
    幼き頃にテレビアニメでこのスターセイバーの姿を見て、一目惚れしてしまった私。
    親に欲しいとねだっても、すでにゴッドジンライのおもちゃを持っていたのが仇となったのか
    結局手に入れることは叶わず、この年までずっと思い出の中にとっておいたままでした。
    それが20年以上の刻を超えて、やっと最新のモデルが私の手の中にやってきたのです。
    いやぁ、興奮を抑えることができないですね~。
    昔のように遊び倒すことはできませんけど、楽しみつくしたいと思います。
    IMG_9677
    ギミックもあの当時よりさらにグレードアップしていると思います。
    ビクトリーレオと合体したりしないのかな??
    今後のマスターピースシリーズにも期待したいところですね。

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    気が向いたらコメント欄に書き込みもしていってくださ~い。 m(_ _)m

    こんにちわ、RYOです。
    Hi-νの下半身の続きを進めます。
    まずは手始めに足首から。
    IMG_9349
    さすがはMGです。
    足首だけでもこれだけの数に上ります。
    IMG_9371 (2)
    パチパチッと組みつけてしまいます。
    続いて二つの球状関節へ。
    IMG_9392
    この辺はHGなんかと大差はないですね。(当たり前か?)
    IMG_9424
    それぞれ上が股関節にいくもの、下が足首となるものです。
    そして難関たる大腿&脛の構築へ。
    まずはフレームを組み上げます。
    IMG_9455 (2)
    骨組だけでこれだけの数です。
    ここで思うのですが、HGはパーツの数が少なく見通しが立てやすいので、左右を一度にやってしまっても
    問題は起こらないのですが、MGのようにパーツが多く、どれがどこにつくのかわかりにくいものは
    ベタに片側からやっていったほうがミスなく進めるので良いと思いますね。
    IMG_9464
    とかなんとか言ってるうちにフレームの完成。
    IMG_9489
    メカメカしい姿になりました。
    これらをキッチリ色を塗り分けると完成度もぐーんと上がるのですが、今回は塗装の工程を
    入れないというのがコンセプトなので、このままいきます。
    そして今度は外装を組みつけていきます。
    IMG_9519 (2)
    これまた結構な数ですね。
    もうこの時点で腰が痛くなってきました・・・
    でもそれにもめげずに進めると、
    IMG_9541
    フットパーツの完成です。
    IMG_9561
    この足もHi-νにとって大事なデザインアイデンティティとなるものですので、トラブルなく組みあがり
    ホッとしています。
    この調子でもう片方も組み上げまして、足首と合体します。
    IMG_9582
    脚部ができました。
    これらをすでに組みあがっている上半身に組み付けますと、
    IMG_9619 (2)
    Hi-νガンダムの素体ができあがりました。
    箱をあけてから苦節3ヶ月、やっと大地にその一歩を記すことができました。
    しかし、まだまだ折り返しに来ただけですので、次回からはファンネルや武装類へと
    コマを進めることになります。

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    気が向いたらコメント欄に書き込みもしていってくださ~い。 m(_ _)m

    こんにちわ、RYOです。
    たまの日曜日ですが、今日はなぜか元気です。
    仕事用の道具の買出し、お部屋の掃除、洗濯、料理、PCデータの整理と意欲的に動きまして
    夕方からの時間をプラモデルに振り分けることもできました。(メズラシイ・・・)
    マラサイとリックディアスは少しお休みしておいて、今回はこれを久々(正月以来!)にコレをやります。
    IMG_9141
    MGのHi-νガンダム Ver.Kaです。
    久々のMGでもありましてボリュームも結構なものですので、各部位ごとにゆっくりとやっていきます。
    今回は腰です。
    IMG_9157
    ここの部分。
    IMG_9179
    いきなり組みあがってしまいました。
    切り出したパーツを撮るのを忘れていたようです。
    サイドからみますとこんな感じ。
    IMG_9201
    パーツのボリュームがRE/100とはやはり違いますね。
    もちろん合わせ目もなく、バリもほとんどありません。
    そしてスカートの製作へといきます。
    IMG_9228
    前方、側面、後方の3種6個のスカートを切り出しまして、
    IMG_9254
    組み上げるとこんな感じに。
    モールドもほどよく刻まれておりまして、スミの入れ甲斐があります。
    IMG_9276
    腰部のできあがりです。
    IMG_9301
    側面から見るとこのような姿に。
    これだけで50分くらいかかってしまいました。
    IMG_9323 (2)
    上半身と合体です。
    この作業だけで腰が痛くなりましたので、足はまた別の機会にします・・・

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    気が向いたらコメント欄に書き込みもしていってくださ~い。 m(_ _)m

    こんにちわ、RYOです。
    今日もまたフィギュアを鑑賞して、英気を蓄えたいと思います。
    今回ご覧にいれるのはコレです。
    mai_favorite_hentaiarimasu_001
    如月群真作『舞FAVORITE』より一条舞です。(オーキッドシードより2012年発売)
    この作品メイドさんがたくさん出てくるのですが、まず格好がエプロンとショーツ、ソックスの類くらいしか
    身に着けておりません。
    また彼女たちは“接待部”という殿方たちに身をささげるという、女性運動家とかが見たら
    憤慨するような内容で、とてもお下劣なのですがそういった非日常的かつ非現実的な世界観を
    楽しませてくれるのがこの如月群真作品の醍醐味だと思います。
    さてその舞の姿を余すことなく立体化したこのフィギュアを見ていきましょう。
    IMG_8491
    まずは正面から。
    その肢体やエプロンやニーソックスのシワの入り方からもただならぬ気合を感じます。
    右側からぐるっと回ってみましょう。
    IMG_8513
    右側。
    IMG_8531
    後ろ側。
    あまりにも無防備です。
    IMG_8563
    左側から。
    まだあどけなさの残る少女の表情が見て取れます。
    IMG_8590
    正面から拡大。
    エプロンから浮かびたつ“突起”が二つ。
    IMG_8609
    ご尊顔を。
    イラストからするとやや顔が丸みを帯びているのと、目がアニメ絵っぽいのが気になりますね。
    さてフェティシズムの塊ともいえるこの作品を隅々まで見ていきます。
    IMG_8656
    やや左側の上面から。
    スレンダーなボディに似つかわしくないほど豊満なバスト。
    すらっと伸びた足も魅力的です。
    IMG_8628
    拡大してみると、エプロンがややきつめになっているのがわかりますね。
    IMG_8667
    右側から。
    表情がいいですよねぇ。
    IMG_8699 (2)
    IMG_8734
    角度を変えてみても、見ごたえのある姿が拝めます。
    各部位を見てみましょう。
    IMG_8788
    首から膝にかけて。
    目がいくのは、腋と胸、そしてチラリと顔をのぞかせるビキニパンツでしょうか。
    IMG_8810
    反対からみてもすごいもんだ。
    右手の手つきが妙にいやらしく感じるのは私だけでしょうか?
    IMG_8981
    続いて腰回りからつま先にかけて。
    上にも書きましたが、エプロンやニーソックスのシワのつくりがすごいです。
    IMG_8846
    無防備な後姿をもう一度。
    IMG_8894
    がら空きの背中が・・・
    IMG_9036
    すさまじいエロさです。
    IMG_9124 (2)
    そしてお尻へ。
    もはや言葉もない・・・
    IMG_9015
    IMG_8721
    いかがでしたでしょうか?
    キャストオフした姿は残念ながらお見せできませんが、このままでも十二分に魅力的な
    作品であったことがわかっていただけると思います。
    発売から3年たちましたが、未だに¥10,000を超える値段で取引されているところを見ても
    このフィギュアの良さがわかりますね。
    さて次は何をご覧にいれましょうかね?

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    気が向いたらコメント欄に書き込みもしていってくださ~い。 m(_ _)m

    こんにちわ、RYOです。
    ここのところまともにプラモデルに触れていません・・・
    情けない話ですが、身体が言うことを聞いてくれないようで不調に次ぐ不調に悩まされております。
    IMG_8487
    普段からこんな感じの薬を使っておりますが、効かない時もあるもんでして・・・
    しかも、体調不良が続くとバイオリズムというかやる気が萎えてしまうのもありまして、負の連鎖が
    ずーーっと続いてしまうのも悩ましい限りであります。
    製作作業はおろか、フィギュアの撮影さえも億劫になってしまうのはいかんともしがたいですね。
    まぁ、ここ数日は暖かくなってきたなぁ、と肌で感じられるようになってきましたので
    春の訪れと同時にワタクシのコンディションも快方へ向かってくれると良いのですが・・・

    いましばらくは乱調が続くと予想されますが、ご了承願えますようヨロシクです。

    こんにちわ、RYOです。
    今日はF1の話をします。
    昨日3月15日のオーストラリアGPでF1の2015年シーズンが開幕しました。
    蓋を開けてみれば予想通りの展開でした・・・
    正直、萎えました。
    レース結果は以下のとおりに

    1 Lewis Hamilton  GBR Mercedes 1:31:54.067
    2 Nico Rosberg  GER Mercedes +1.36s
    3 Sebastian Vettel  GER Ferrari +34.523s
    4 Felipe Massa  BRA Williams +38.196s
    5 Felipe Nasr  BRA Sauber +95.149s
    6 Daniel Ricciardo  AUS Red Bull  +1 lap
    7 Nico Hulkenberg  GER Force India +1 lap
    8 Marcus Ericsson  SWE Sauber +1 lap
    9 Carlos Sainz  ESP Toro Rosso +1 lap
    10 Sergio Perez  MEX Force India +1 lap
    11 Jenson Button  GBR McLaren +2 laps
    RT Kimi Räikkönen  FIN Ferrari DNF
    RT Max Verstappen  NED Toro Rosso DNF
    RT Romain Grosjean  FRA Lotus DNF
    RT Pastor Maldonado  VEN Lotus DNF
    DNS Daniil Kvyat  RUS Red Bull  DNS
    DNS Kevin Magnussen  DEN McLaren DNS
    メルセデスの圧勝劇となりました。
    2015037313001
    表彰台はメルセデスの2人が当然立ちまして、その横に奮戦が実ったベッテルが3位となりました。
    昨年以上の好調さを見せ付けてくれたメルセデスと、昨年からの組織改革がいきなり奏功した
    フェラーリに凱歌があがりました。
    (フェラーリには打倒メルセデスを果たしてもらいたいものですが、タイム差が厳しいなぁ)
    そんな2チームに及ぶことも叶わないまま、オーストラリアを後にした陣営が2つほどありました。
    一つはレッドブルです。
    20150315-redbull
    昨年はク○エンジンといわれながらも3勝をマークしたレッドブルは、またしてもルノーのPUに悩まされ
    リカルドの6位がやっとで、相方のクビアトはスタートすることも叶いませんでした。
    そんな結果だからか、再びレッドブルは怒りの矛先を全てルノーに向けました。
    チームディレクターのクリスチャン・ホーナー、マシンデザインのエイドリアン・ニューウェイ、
    チームコンサルタントのヘルムート・マルコの3人が異口同音にルノーを批判しました。
    コレに対し、ルノーは全面的に非を認める格好となりましたが、その裏ではレッドブルの姉妹チーム
    であるトロロッソを買収し、ワークスチームに仕立てあげた上でレッドブルと縁を切ろうと画策している
    というニュースも出てきました。
    現状のままでは打倒メルセデスなど夢のまた夢、その後ろのフェラーリやウィリアムズにも
    勝ち目がないということにもなりますので、苦渋どころか辛酸をなめ続けるシーズンになるやも?
    そしてレッドブル以上の危機に直面しているのがマクラーレン・ホンダであります。
    2015037314201
    開幕前のテストではいずれもろくすっぽ走れず、エースのフェルナンド・アロンソはテスト中の
    クラッシュがもとで開幕戦に出場できないという「泣きっ面に蜂」状態で開幕を迎えました。
    結果はジェンソン・バトンが11位完走とレースディスタンスを走りきりはしたものの、
    トップのメルセデスからは2周遅れというお寒いことに終わりました。
    テスト中にいくらトラブルが起ころうとホンダ陣営は強気な発言を続けていたのですが、
    この開幕戦の結果が出て以降その強気さはなりを潜めてしまい、山積する問題に頭を抱えている
    と言ってしまっても過言ではないでしょう。
    ルノーとホンダといういずれも幾多の勝利を重ねてきた名門エンジンビルダーが、そろって開発に
    不調をきたし、昨年同様にメルセデスの独走を許すという結果に終わりました。
    まだ始まったばかりだというのに、もう終わってしまったような気にさせられた開幕戦でした。
    レッドブルとマクラーレンにはこのままでは終われないでしょうが、果たして復調はいつになれば
    見られるのだろうかと、天を仰ぎたくなるようなレース翌日の夜を迎えております。

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    気が向いたらコメント欄に書き込みもしていってくださ~い。 m(_ _)m

    こんにちわ、RYOです。
    今回は先日購入しておきながら、なかなかレビューができずにいたフィギュアをご覧にいれます。
    理由はというとあまりの過激さにブログにあげてよいかどうか考えあぐねていたからです。
    しかし、その問題もパーツがうまいこと秘所の部分をぼやかしてくれているので公開に踏み切ります。
    ご紹介するのはコレです。
    loda_jp
    SKYTUBE より「セックスライフ」早乙女まりあ illustrated by 佐野俊英 +お風呂ヴィネットです。
    フィギュアの元となったイラストも見つけたのですが、そっちは一糸まとわぬ姿でしたので自粛します。
    さぁ、見ていきましょう。
    IMG_7986
    まずは全体像。
    足が長いのも手伝って情報量が分散しているのが、なんとも残念。
    IMG_8011
    横から。
    逆におみ足がしっかりと構図に入るとしっくりきます。
    IMG_8034
    左側面。
    膝関節からふくらはぎにかけてのラインがまたセクシーですね。
    IMG_8067
    後ろからだとつまらないものです。
    IMG_8097
    右側面。
    タグが邪魔か・・・
    IMG_8107
    大事なところは足でガードです。
    正面に戻ります。
    IMG_8144
    佐野俊英キャラは美人です。
    IMG_8192 (2)
    IMG_8130
    近づいてみるとよくわかります。
    IMG_8305
    バストアップ。
    入浴中だから上気した顔が魅力的に映ります。
    IMG_8202 (2)
    見る角度によってはきつめな顔つきも楽しめます。
    IMG_8274
    逆サイドからだとやさしそうなお顔立ち。
    IMG_8251
    そしてお風呂ヴィネットも出して見ます。
    IMG_8336 (2)
    元々は浴槽に左足を入れているようなのですが、今回はそれに反して身体を外に向けました。
    IMG_8373
    IMG_8425
    IMG_8408
    うまいこと構図をまとめられればよかったのですが、私の力ではこんなものですね・・・
    むろんキャストオフもできますし、プレイバリューもあるので良いプロダクツだったと思います。
    次はどんなフィギュアをご覧にいれましょうか?

     ←ブログランキングに参加しております。
    このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。
    気が向いたらコメント欄に書き込みもしていってくださ~い。 m(_ _)m

    こんにちわ、RYOです。
    ここのところブログへのアクセスに時間がかかるようになってしまいました・・・
    記事を書くにもスムーズにいかないのがなんともストレスになります。
    なぜこんなことが起こっているのか?

    まぁ、そんなことはさておき今回はリックディアスとマラサイの合わせ目消しです。
    このたびコレをデビューさせることにしました。
    IMG_7827
    WAVEのハンディリューターです。
    こいつでもって合わせ目をガリガリと削ってみようと思います。
    IMG_7839 (2)
    まずこの肩アーマーの合わせ目を、
    IMG_7881
    ダイヤモンドビットで削りました。
    指でさわるとザラザラしているのでここからならしが必要です。
    なのでポリッシャーでやすってあげます。IMG_7911
    ここまでできました。
    局面はセラカンナやデザインナイフでやするのもなかなか神経を使うので、この類の作業が
    カンタンにできるようになったのは喜ばしいことであります。
    リューターはモデラー必携のアイテムであるということがよくわかりました。
    この調子でマラサイのパーツとリックディアスの肩アーマーを終わらせてしまいます。
    IMG_7934
    合わせ目消しが完了しました。
    ここで一旦組みなおしてみます。
    IMG_7970
    可動域や接合面に干渉がしていないかどうかを確認したいためです。
    どうやら問題はないようでした。
    ここから次のステップへと進んでいきます。

    追記
    俳優で声優の小川真司さんが7日にお亡くなりになっていたことが発表されました。
    銀英伝のホーウッド中将と聞けば、あの人かとピンときました。
    銀河の英雄がまた一人ヴァルハラへと旅立たれたのですね。
    謹んでご冥福をお祈りいたします。

    このページのトップヘ