こんにちわ、RYOです。
デルタカイとZⅡの表面処理は水研ぎとキズチェックを残すのみとなりました。
が、しかしこれをやるには時間が足らな過ぎる・・・
なのでまとまった時間が取れないときは短い時間で後に繋がることをやりましょう。
今回はイメージモデルであるヒュッケバインのカラーリングのレシピについてまとめます。
fa6ff4fad2febdef6081267fa408a7e9
こちらはヒュッケバインMk-Ⅱですが、色の種類は・・・
全体の紺色、胸・肩・足・腰の濃い目のグレー(≒ジャーマングレー)、袖・肩・脛の白、コクピットの赤、
そしてポイントポイントで散りばめられる黄色、フレームやライフルのグレーの6色がメインです。
んで、ヒュッケバインの画像検索をしますと出てきました、カラーガイドが!
10051952t2
こっちはMk-Ⅲですが、たいした違いはないので問題ありません。
そしてレシピは?
10045158t
こんな感じです。
グリーンは??あぁ、カメラアイの色か・・・・
これはシールから取るので割愛します。
これで大体どんな色を使えばいいのかがわかりました。
そして次にするのは塗料の在庫を調べて、ないものは補充しておくことです。
ジャーマングレーとかクールホワイトみたいな基本色として使用頻度の高いものなどは
早めに補充をしておこうと思います。
さて今回はここまでです。
水研ぎをする時間はいつ取れるのか!?

 ←ブログランキングに参加しております。
このエントリーを気に入っていただけましたらクリックをお願いいたします。